スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

2016初海外はバンコク15

2016.5.11~15


最近、ブログに向き合う余裕が更になくなってきています。

旅行へ行く時間的な余裕もなくなってきています。
それは家庭内部の事で色々ありまして・・・

「ツレが出て行ってしまったーーーーー!」

とかの夫婦間の問題ではありません。

一緒に暮らす母が、急に歩くことが困難な状況になったり(やや回復傾向にあります)、離れて暮らす義父が救急車で搬送され、そのまま入院。その後、病院を転院したりで、なんやかんやと自分の時間が取れない日々・・・


この先も数日家を空けるのは難しい状況になりそうなんです。

行けてもせいぜい1泊程度かな~?

年寄りを抱えているので、いつかはそんな状況になることも考えてはいましたが、重なる時は重なるもんですね。


そんな訳で、今年の後半も旅には(特に海外)行けないかも?

仕方ありません。



さて、話は5月に行ったバンコクの続きを少し。

ゴルフを終えて、夜までのんびり。

その後、某大企業の現地駐在員である後輩と夕食を約束した。


ホテルへ迎えに来てもらって、何を食べようかとなった。

後輩の彼が「イタリアンはどうですか?」っと。


イタリアンはル・メリディアンでも食べたしな・・・
(でもあまり美味しくなかった)

パッタイも昼間ゴルフ場で食べたし、中華とかは嫌だし、居酒屋も昨日行ったし。
そう考えていたら、美味しいイタリアンを食べたくなってきた

向かったお店はここ!(トンロー周辺です)
160514[31]
駐車場に係員がいる、チョイと高級そうなレストランでした。

160514[18]
お店の中の雰囲気もいい感じです。

それなりに歴史のあるお店みたいで、バンコク市内では高級イタリアンレストランだそうです。

もちろん、現地の人たちが気軽に来れるようなお店ではないので、中にいるのは欧米人と日本人だけでした。

日本人は若い家族連れもいました。やはり転勤でこちらに住んでいる家族みたいです。

ここなら接待にも使えそうだし、家族を喜ばせるにもよさそうです。

ま~、東京でこんなお店だと、いくらかかるのか心配になりそうですが、ここはバンコクですから!!

料理色々
160514[19]
160514[20]
160514[22]
160514[23]
160514[26]
160514[27]
160514[28]

一品一品のボリュウムも結構あって、それぞれの料理をシェアしながら楽しみました。
もう少し料理があったように思いますが、写真を撮り忘れているようです。

それと写真はありませんが、ここのビールとワインは美味しかった。
(当たり前か、一番高かったのはワインでしたから)

3人で食事をしてお会計は・・・
7,850バーツ(約25,000円)でした。

もし、東京だったら2~3倍の価格でしょうかね~?


これじゃーローカルは気軽に入れないでしょうね。
月給の半分近くを1回の食事で支払うなんてありえませんね。

でも、料理はさすがに美味しくて満足のいくものでした。


バンコクで美味しいイタリアンが食べたくなったらお勧めです。





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。
スポンサーサイト

2016初海外はバンコク14

2016.5.11~15

バンコク・トンロー周辺で感じた事


バンコク市内でも、ここトンロー周辺は高級住宅街。

日本人の駐在員の多くはトンロー周辺に住んでいるみたいです。

東京で言えば「青山」って感じの位置づけらしい。。。。

ま~そこまで洗練された、ハイソなイメージには感じられませんが、ここはバンコクですので。


日本企業の駐在員、その家族等が多く住む地域。当然ながら日本食のお店も多くあるって事のようです。


ふらふらと歩いていて見つけたお店がここでした。
160513[91]
その名も「トンロー横丁」(日本人経営の居酒屋ですね)


タイに来たのに居酒屋?とは思ったのですが、とりあえず入ってみることにしました。

接客は「元気のいい日本の居酒屋」って感じです。


二階のボックス席に通されました。
160513[76]
160513[77]
2階席から下を見たところ

昭和の古めかしい看板等を張り付けていて、バンコクにいることを忘れてしまいそうです。
料理色々
160513[80]
160513[81]
160513[82]
160513[83]
160513[84]
160513[90]
料理の味はそこそこ美味しくいただけました。


本当に日本の居酒屋メニューです。

ビール、焼酎ハイボールの後、日本酒のマス酒を頼んでみました。
160513[86]
結構、並々ついでくれます。

160513[87]
酒飲みにはうれしいつぎ方でした。

と、ま~こんな感じの日本居酒屋です。


ここまでならば、さほど何も感じることはありませんでした。。。。

会計をして、帰ろうと下に降りて行ったら・・・・


お店の入り口付近の席で、日本人の女性グループ(8人くらい)が、お酒を飲んで騒いでいます。

その向かいには、キッズコーナーらしき場所があって、子供たちが遊んでいます。

この子たちの親が、あの女性グループなんでしょう。
年も30前後かな~と思われる(40歳は行ってない)若い奥様達みたいです。


そして店の外に出ると・・・


運転手たちが車とともに待機。
しかも何台も!!

日本人駐在員たちの家族なのでしょうね~、きっと!!

旦那さんはまだ仕事中?

奥様会?


詳しいことまではわかりませんが、とにかく運転手待たせて、子連れで、お酒飲んで楽しんでる若奥様達。


あまり若い時にこんな習慣がついてしまったら、日本へ帰れなくなってしまいますよねー。

子供たちも同様です。

ある家庭では、物心ついた時から運転手付きの生活を経験した子供たち。父親が日本勤務になってから発した言葉が・・・


「今日は運転手迎えに来ないの?」だそうです。


企業にもよりますが、日本の給与規定にプラス海外勤務手当、住宅は会社持ちで快適なマンションが与えられ、一人に1台の車と運転手。


日本じゃー満員電車に乗って通勤。マンションのローンに追われ、海外勤務手当がなくなり手取りは下がる。。。


どっちが快適か?一目瞭然ですね。(順応性があればですが)

バンコク駐在から日本へ転勤になる時、一番帰りたくないのは、実は奥様達なのではないでしょうか?



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

2016初海外はバンコク13

2016.5.11~15



バンコク3ラウンド目のゴルフ場は・・・

Lakewood Country Club です。
160514[15]

せっかくスワンナプーム空港周辺からバンコク市内へ移動したのですが、今回は空港を通り過ぎて更に遠いところへ行きました。

それならば、わざわざホテルを変える必要もないじゃん!
って感じでした。

ル・メリディアンホテルからだったら、多分20分もかからないで行ける距離。
しかし、バンコク市内からだと1時間以上はかかってしまいます・・・

ま~、それでもバンコク駐在員の後輩君が送迎してくれるので、
お気楽&楽ちんゴルフです。


このゴルフ場、お値段的には結構高い方でした。(週末の土曜日)
グリーンフィー3300バーツ
キャディフィー350バーツ
カートフィー700バーツ
合計で4350バーツ(一人)がゴルフ場に支払う金額です。
(約14,000円位となります)

更に終了後はキャディーさんへのチップが300バーツ(最低でも)
その後、食事をすると(これも安くない)結構な金額になってきます。

日本の週末ゴルフ(ビジター)とほとんど変わらない状況かな?

あ、そうそう、ここでは送迎の為の費用は含まれていません。
別途、タクシーやツアー会社等で車を手配したらさらに高くなります。

そう考えるとバンコクでのゴルフも安くないですな。


特にこのLakewood Country Clubは週末の利用者はほとんどが日本人らしいのです。

バンコク駐在員達の憩いの場?的な場所なのでしょうかね。
ほとんどが運転手付きの車で(一人1台専用ドライバー付き)でやってきます。

国内でゴルフに行こうって時はみんなで乗り合わせて行ったりするのが多いと思うのですがね。

運転手付きの生活を何年もしてしまっていると、何だか勘違いしてしまいそうですね。
しかも若くとも、役職等もあまり関係なく、運転手付きの生活になるようです。(会社によって多少の違いや差はあるでしょうが)

バンコク駐在を経験してしまったが最後!!


「日本には帰りたくない病」が発症してしまう人も多いとか。

帰国命令で退職って選択をする人も中にはいるみたいですよ。
バンコクに残り、商売を始め成功している人がいるという話も聞きました。

人生色々ですね。


160514[6]
3日間の中でこの日が一番楽(気温が高くない)な曇り空でした。

160514[8]

160514[13]

160514[10]

160514[9]

タイへ来たらば一度は食べるパッタイ!
160514[14]
プレー終了後、ゴルフ場のレストランで食べました。
値段が高い分、エビも大きいのが沢山入っているし、味も美味しかったです。

日本と違い帰りの運転もないので、タイのゴルフではやたらにビールが進みます。


バンコク駐在して、楽しみと言えば週末のゴルフ位なんでしょうかね?

タイのゴルフ場に来ているって感じがしないほど、周りから聞こえてくる声は日本語ばかりでした。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

2016初海外はバンコク12

2016.5.11~15


「The Residence on Thonglor」
ダメな所

前回のブログには部屋の内部の様子や金額等を書いて、
安くてお勧め!なんて書きましたが、実はダメダメな部分も
あったりします。

それは・・・・


朝食時間です。

ゴルフをやるために、一応朝食付きで申し込んでおきました。

何せタイのゴルフは18Hストロークプレーで、プレー終了後に
昼食を食べるパターンです。
日本のゴルフの場合は、9H(ハーフ)プレーして、昼食をとり
その後残りの9Hをプレーってゴルフ場がほとんど。

2~3時間で食事をとれるのと、4~5時間食べれないのでは、
結構なさがあります。その為、タイでゴルフをやる場合は、朝食
を食べておかないと、途中で腹ペコになってしまいます。

で、ホテルの話に戻りますが、ここの朝食時間も6:00~となっています。

バンコク駐在員の後輩とゴルフをやる約束をしていて、ホテルピックアップ時間が6:15と言われていました。

自分としては、15分あればパンをかじってコーヒーの1杯でも飲めるだろうと考えていましたが・・・・


6:00にレストランへ行ってみるものの誰もいない!
仕方なく裏の厨房まで覗きに行って、こちらから声をかけるが、なんだかビックリしている様子?

厨房で準備をしていた男が2人いたが、どちらもどうしてよいのかわからず、何だか慌てている。

とにかく「コーヒーとなんでもいいからパンをくれ」って言っても通じない?聞く耳持たない?

電話で誰かを読んでいる。

来たのが若い女の従業員。

その子に同じように「パンとコーヒーで良いから食べたい」っていうものの、その子もどこに何があるのかわからないって言った感じで、シドロモドロ・・・・

冷蔵庫を開けてジュースならって感じだったのでそれでOK!
あとはカウンターの後ろにあったパンを指さして一つもらい
それをかじって出発した。
160514[2]
レストランは清潔感のある、こんな感じの所です。

本来ならば卵料理を選んで、もう少しまともな朝食を頂けるのでしょうが、何せ本来のオープン時間に何も準備が出来ていないっていうのがどうなのかなって感じです。

日本じゃーえらいクレームになりそうですが、
ま~ここはバンコクですから!!

「The Residence on Thonglor」のダメなところ編でした。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

2016初海外はバンコク11

2016.5.11~15


三日目の午後、始めの宿泊先である「ルメリディアン・スワンナプーム,バンコク・ゴルフリゾート&スパ」からバンコク市内のホテルへ向けタクシーにて移動しました。

バンコク市内のホテル(サービスアパート)は
「The Residence on Thonglor」にしてみました。
場所は Sukhumvit Soi 55にあります。

トンローの駅からは2km位あるようで、駅までの往復を歩くのはチョイとつらいです。

この周辺は日本人の駐在員が多く住むちくでもあるようです。
周辺には日本料理店や居酒屋がポチポチと目につきました。

なんでここにしたかと言うと、
・料金が安かったから(スイートタイプでも1泊1万円しませんでした)
・スワンナプーム空港になるべく近いところ(帰りの朝早い為)
・合流する駐在員の後輩(大学時代の)の住んでいる近くの為

そんな条件がそろったので、ここにしました。

タクシー料金は、ルメリディアン・スワンナプームから270バーツ(高速代も含め)でした。

部屋からの景色は・・・
160513[69]

160513[70]

ま~都会の風景です。

160513[60]
160513[62]
160513[63]
部屋はかなり広く、キッチン、洗濯機も完備されています。
ここで、3日分のゴルフウエアーをすべて洗濯し、乾燥させてきれいな状態で帰国できました。

デラックスな作りではないですが、スイートタイプの為、ベッドルームは別で、バス、トイレのスペースも十分でした。

160513[65]
160513[66]
160513[67]
160513[68]
160513[71]

ま、ゴルフをやる為、洗濯物を旅の最中にできてしまうのは非常に便利です。
帰ってからやると、結構な量になってしまいますからね。

ホテルライフを楽しむ訳ではないので、この程度のホテルで十分でした。

ここに2泊して(客室料金9,330/1泊)合計21,960円(税込み)
その時の為替でも料金が違ってきますね。

今だったらこの時よりも円高なので、もう少し安く泊まれるかも?

160514[2]
160514[1]
160514.jpg
160514[3]

160515[1]
160515[5]

お安く泊まりたい方には良いかもしれませんね。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

2016初海外はバンコク11

2016.5.11~15


ルメリディアン・スワンナプーム,
   バンコク・ゴルフリゾート&スパ

おまけ

160512[124]


160512[52]
160512[22]
160513[50]

160513[56]
160513[55]
160513[47]
160513[49]
160513[52]
160513[51]
チェックインの時、一人につき1ドリンクのサービス券をくれて、アルコール以外は選べるものでした。
したがってこのコーヒーはサービス品です。

ルメリディアン・スワンナプーム,
   バンコク・ゴルフリゾート&スパ

なかなかおしゃれなホテルです。

ゴルフとの特別セット料金があったので選びましたが、ただ宿泊するだけでは場所的にどうかな?ってところです。

トランジットとして利用する人も多いようですが、わずかな時間、ただ寝るだけならばもっと安いホテルがほかにもたくさんありますね。

そしてホテル内での飲食はそこそこ高くなってしまいます。
長期滞在には向かないように感じました。

日本が寒いころ、チョイとタイでゴルフをやりたいって時には、空港からも近くで、日々ゴルフ場への移動が無い点では、便利で楽でとっても良いと思います。

しかし、、、
ゴルフとの特別セット割がなくなったら、宿泊するかな?






にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

2016初海外はバンコク10

2016.5.11~15

ルメリディアン・スワンナプーム,
  バンコク・ゴルフリゾート&スパ


連日のゴルフプレーです。

その前に腹ごしらえ。

朝食会場のレストランは6:00から


タイでよくあるのは、このオープン時間を守らないこと。
6:00と書いてあるからその時間ぴったりに行くと、
まだまだそんな準備できてないし・・・

そんなホテル(一流どころ以外はそれが当たり前か?)は
沢山見てきた。


しかし、ここはルメリディアンだ!

ぴったり6:00にレストランの扉がオープンした。
さすが!!

一番で乗り込んだので、まだ誰も手を付けていない状態です。

160513[7]
160513[2]
160513[1]
160513_20160709115635df9.jpg
160513[4]
160513[5]
160513[6]
160513[9]
160513[12]
160513[10]
昨日の失敗(暑い時間にゴルフ)を教訓に
この日は早めにスタートとしました。

予約は7:36でしたが、少しでも早めに出ようと思い、7:00前にはゴルフ場へ!
案の定20分くらい早くスタートできました。

160513[18]
160513[19]
160513[17]
160513[21]
160513[23]
ハワイの朝ほどすがすがしい空気ではありませんが、
ゴルフ場の朝は気持ちいいものです。

160513[28]
160513[31]
160513[36]
160513[37]
2日目は朝早かったため、暑くなる時間の前にハーフ終了。

やや暑くなってきたころからバックナインとなりました。

途中、コースがやたらに混んでいる?
160513[34]
20~30人くらいの集団がコース内にいます。

朝からなんでこんなに混んでいるの?って思っていたら、どうやら新人キャディーさんたちの研修だったようです。

プロ?らしき人が打っては、説明をしていて、同じホールを行ったり来たりしていました。

160513[41]
ここは我々が宿泊していたホテル棟。


さて、ここでクエスチョン!!


タイのゴルフ場では基本的に一人のプレーヤーに一人のキャディーさんが付きます。
このゴルフ場にキャディーさんは何人いるでしょうか?(18Hのコースです)


日本では現在、セルフプレーが一般的で、キャディー付きでプレーするのはそれこそ名門ゴルフ場と言われるところで、キャディーさんがいたとしても人数は少ないですね。昔のように30~40人もキャディーさんを抱えているゴルフ場って本当に少なくなりました。


ところがタイではキャディーさんは必ずや必要。

田舎(郊外)の雇用促進って面では重要産業かもしれません。


アンサーは・・・・

約500人です。


たった18Hの1コースしかないゴルフ場に、登録しているキャディーさんの人数が500人とは驚きました。

朝と夜、週末にでもなればはそこそこお客さんがいるとはいえ、平日の昼はパラパラ程度。

いくらなんでも500人は多いだろーって思って聞いてみると

1週間のうち仕事ができるのは2日間だけ!!

なんと週休5日の勤務体系だそうです。
(平日1日、週末1日だとか)


ゴルフ場からの給料をもらい、さらには1ラウンド300バーツ程度のチップをもらうので、月にすればかなりいい収入の仕事ではないだろうかと感じていたんですが、それは毎日仕事があっての話でした。
月に10日働くかどうかではやっぱり収入は低いですかね?
(そのほかにも仕事をしている人は多いと思いますが)

ちなみに自分についたキャディーさんに「それ以外の日は何やってるの?」って尋ねたら、「テレビ見たり、昼寝してるよ」って答えが返ってきました。

そんなもんなんですかね!!

午前中にプレー終了したので、この日もプールへ行ってクールダウン。
160513[46]

ビールを飲んで少しのんびりしました。
160513[42]
ちなみに、昨日に続きプールサイドは我々しかいません。貸し切りです。


そしてひと泳ぎしたのち、バンコクへ移動。
SPGのゴールドメンバーの為、レイトチェックアウトをリクエストしたら16:00までOKでした。

が、そこまでいてはバンコクへ向かう道路が混んでしまいそうなので、夕方になる前にタクシーでバンコク市内へ向かったのでした。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

2016初海外はバンコク9

2016.5.11~15


考えてみると今年もすでに半分が過ぎてしまっています。
残り5.5か月でどこまで旅行に出れるのか?

今年は旅ブログにはなっていませんね。

海外へはまだ1回しか出ていないし・・・

そのバンコク旅行の続きをもう少し書きます。

160512[119]
夕食編

向かったのは宿泊している
ルメリディアン・スワンナプーム,バンコク・ゴルフリゾート&スパ
内にあるイタリアンレストラン「Favola 」だ!

バンコクのホテル周辺と違い、ホテルを出ても歩いて行ける範囲には何もなさそう・・・

昼間のゴルフでかなり体力を消耗したため、散策する気力もなかった。

更にはここのホテルに宿泊するのは2泊だが、そのうちの1泊は深夜到着なので夕食をとるのは実質的に1晩だけ。


そんな訳で、普段はあまりホテル内のレストランで食事をしない我々だが、この日はホテル内で済ませることにしてみた。
160512[105]
予約はしないで行ってみたが、席はガラガラだった。

2人でコース料理を頼んでも食べきれなさそうなので、アラカルトで注文。
160512[107]
すでに宿泊から時間がたち過ぎている為、これ何だったか覚えていない?

160512[108]
喉が渇いていたのでとりあえずビールをもらって、その後は赤ワイン(ボトルで)
パンはそこそこ美味しかった。


160512[111]
サラダとピザですが、このピザ結構デカいです。。。。

160512[110]
食べきれるかな~と思うほどの面積でしたが、生地は薄いので食べちゃいました。

160512[113]

そしてこの日のメインは・・・
160512[115]
これは確かポーク料理。

160512[116]
これは一品にしてシェアして食べました。
160512[117]

160512[120]
ゴルフ場を見ながら食事ができるアウトサイドもありますが、暑くて汗ばんでしまいそうな夜でした。

ま~、ビール、ワイン1本、サラダ、ピザ、ポーク、パンと食べたのでおなか一杯になりました。


で、ここのお値段は・・・
4,251バーツ

安くはないですね・・・・


でも、ル・メリディアンホテル内のレストランですから・・・

この中で高いなーと感じたのはワインでした。

日本じゃ~多分1,000円程度の物でしょうが、このレストランでは2,000バーツ以上でした。ビールとワインで半分以上の値段になってしまっています。
アルコールを飲まなければそこまで高くないと思われます。
ワインリストにはたくさんのワインがありましたが、タイでは全般的にワインは高いですね。

で、全般的なお味は・・・


そこまで美味しく感じないかな!?

「また行きたい」とは思いませんね。
(安ければ別ですが)


やはりホテルレストランはそこそこ高くなってしまうものですな。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。
プロフィール

たびの介

Author:たびの介
2009年、突然マイルを意識した旅行に興味をもち、国内、海外と旅に出ています。そして約半年でJGC取得。

2010年は夫婦共々JGCプレミアに到達、
2011も同じく二人そろってJGCプレミアクリアー!
2012はついにダイアモンド会員達成しました。

2013・2014もダイアモンド会員達成!
2015も海外を中心に旅に励んでいます。


どうせ乗るならビジネスクラスで優雅な旅行を目指して、JALとデルタ(NW)のマイレージをせっせと貯め込んでいます。

本格的にマイルを貯めはじめて約5年!
・JAL220万マイル
・デルタ48万マイル
を取得中!(夫婦合算)

合計取得マイルは268万マイルを越しました。

現在は月1の海外個人旅行を頑張って実行中!

特典航空券
2010年(JALにて)
バリ島(ビジネス3人分)
ベトナム(ビジネス2人分)

2011年
台北(エコノミー2人分)
釜山(エコノミー2人分)
おともdeマイル使用

2012年
釜山(エコノミー)
バンコク(ビジネス2人分)
香港(ビジネス)
香港(エコノミー2人分)
おともdeマイル4回使用

2013年
アップグレード
おともdeマイル
シンガポール(ビジネス)
バンコク(ビジネス)
グアム

2014年
アップグレード
おともdeマイル
バンコク(ビジネス6人分)
香港・高雄(ビジネス)


全部で約146万マイル使用中。

そうそう、子供の頃の夢は世界中の未開の地に行く探検家でした。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
ランキング応援お願いします
FC2カウンター
個人旅行の味方
海外現地ツアーが沢山選べる
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】
お土産何でもそろう
荷物が増えるの嫌な人はここ
旅行用品勢揃い
旅道具なら何でもそろう
初めての海外ナビ スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
やっぱりJALでしょ!
JALマイラースタートは!
JAL日本航空 JMB入会                                   割引運賃知っていますか? JAL日本航空 先得
旅の想いでには
せっかくの旅の記録整理していますか?
トリップアドバイザー
「トリップアドバイザー、お勧めブログとして認定されました~」 ベトナムのホテルの口コミ
ベトナムのホテルの口コミ
検索フォーム
カテゴリ
旅行に行くならここから
安く旅したい           JTBのお得な旅の紹介です             国内旅行はここでしょ!                                                          
個人旅行ならここ
もっと自由に旅したい人なら
Tポイント貯めるなら
Tポイントファンはここ
カードの申し込みはここ
JALマイルを貯めるならばまずはこの1枚を
                                                              最高峰の信頼はこの1枚から アメリカン・エキスプレス
ANAファンなら
チョッと贅沢な旅がしたい
Amazon
お勧めです
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。