スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

テレポーションの旅(4)

JAL旬感旅行
日本上空滞在旅行
プロペラ機で日本列島を大縦断 3日間 (4)
4月23日~25日

詳しくはここから(6月までの限定ツアーです)
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/151/



・2レグ目(釧路~札幌)

さ~~~~、ここからが今回の旅の本当の意味でのスタートです。
何せ今回はプロペラ機で日本を縦断することが目的なのですから。

搭乗するのはもちろんこれ!

P1030041.jpg
HAC(北海道エアーシステム)のSAAB340です。
この小型プロペラ機も随分と乗りなれた飛行機となりました。


普通はあまり乗ることがないと思われる小型プロペラ機ですが、ローカル路線ではなくてはならない存在であることを乗るたびに体験しています。

電車でも、地方のローカル線がありますが、乗客は少ないもののそこに住む住民にとっては重要な交通機関であることが多いものです。
しかし、採算を考えると廃止になってしまう場合もあり、その辺は複雑です。

函館の市電や、松山の坊っちゃん列車等は、古さを逆に売りものにして観光客獲得でうまくいっているようです。

あ、そうだ!

飛行機もただ単に小さいだけで、航空会社による塗装の違いだけでは差別化ができないので、思い切ってこんな飛行機を飛ばしてみませんか、JALさん!!


その名も


「ゼロ戦」に乗りましょうツアー。

「B29」体験ツアー。


戦争を思い出してしまうようなこの企画。
「不謹慎な」って捉えられてしまいそうですね。

まー、不可能なのは承知の上ですが、形だけでも昔の飛行機を再現できれば人は無数に集まってくるはず。
だって、このツアーにも人が集まってくるのですから。


話がそれてしまいました。


それではプロペラ機の旅のスタートです。

タラップを上るとそこには笑顔のCAさんが。

おや?偶然にも2週間前も乗り合わせたCAさんでした。

「やあ~、また来ちゃいましたよ~」

「あら~、いらっしゃいーませ~!」

なんだか馴染みのお店にでも入っていくような瞬間でした。
彼女も我々の事をよく覚えていてくれたようでした。

P1030044.jpg
北海道の飛行機に乗って、馴染みのCAさんがいるって普通じゃないですよね?

残念ながら上空からの景色は今日も見ることができませんでした。

でもこの飛行機に乗る時、ある目的が達成されたのです。

それは、このツアー参加者であろう方を発見した瞬間でした。
釧路へ降りて、その後同じ飛行機で新千歳に向かう人ってそうそういないでしょう。
羽田から新千歳へ行くのであれば通常直接行くはずです。

したがって、あのお方はまず間違いなく縦断ツアー客だと感じました。
でもこの時は確信ではなかったのです。

ここでも降機の際、CAさんからハガキを手渡されました。

369.jpg

今度は季節の良いときに再度HACのSAABに乗って北の大地を見学したいと思います。

また会える日までお元気で!



つづく・・・・






にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。
スポンサーサイト

テレポーションの旅(3)

JAL旬感旅行
日本上空滞在旅行
プロペラ機で日本列島を大縦断 3日間 (3)
4月23日~25日

詳しくはここから(6月までの限定ツアーです)
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/151/



・1レグ目(羽田~釧路)

釧路へ着いた。
この旅行では、北海道に滞在する時間はほとんどない。
釧路へ来たのも、プロペラ機で日本横断をする為の起点として来ただけである。


2週間前に来たばかりの釧路。
でも、その時も確か25分しか滞在できなかった。
2週間前の様子はこちら


P1030029.jpg
釧路のクの字も知らないくせに、この光景だけは見慣れてしまった我々です。


今回、出発前に悩んだことが1点あった。


それは出発時の服装だった。
とりあえず、この時期釧路はまだ寒いだろうな~。
でも、釧路は立ち寄るだけだし・・・

そして、そのあと一気に鹿児島を目指すからな~。


冬で行くか?

夏で行くか?


我々が選択したのは夏だった。

P1030033.jpg
でも釧路は寒かった!!

2週間前よりもむしろかなり寒いじゃないですか。

飛行機から降りでくる人達は全員がジャンバーやコート、セーターを着ているし~!

ま~、当たり前と言えば、ごく当たり前の選択でして、みなさんは正しい選択だったのです。


完全夏バージョンは我々二人だけでした。

我々を見る視線の奥には

「ハァ~、まだ早いんじゃないー?」とか

「ここは釧路だよ」とか

「若いね~」とか

「なに無理してんだ?」とか

「頭おかしいんじゃない?あの二人」とか

思われているような気がしてならなかったのです。
気のせいかもしれませんが・・・・


そして、2週間前に忘れ物をしていたことに気がつきました。
釧路で忘れたこととは


動物園巡りでエゾシカさんを見落としていたことでした。
P1030034.jpg
おーーー、これがエゾシカの親子か~!

「この前は見落としてしまって申し訳ない」

シカめっつらでこちらを睨みつけるエゾシカさん親子!

「どこに目をつけてんだー!!ってシカってやってください、エゾシカさん」

「なんで我々だけシカとしたんだよ」

「シカとした訳ではなかったのですが、ついうっかりと・・・」

「シカし見過ごしたのは事実だよな」

「ハイ、たシカです」

「シカいに入らないって、失礼だろー!」

「シカい不良って訳ではなかったのですが・・・ごめんなさい」

「シカたない、次からは気をつけろよ、たびの介」

「たシカった!」

(タダのつまらんオヤジです)


これで一応は制覇したはずなのですがね。


それではそろそろ次の便へ向かいましょう。

・2レグ目(釧路~札幌)

P1030039.jpg


実はここで違った興味が沸いてきた「たびの介」だったのです。

その興味とは


この尋常じゃないツアーに来ている人はいるのだろうか?
でした。

だって、2週間前の北海道もいましたし、日本1周の時もいたので、今回も必ずや変わったお方がいるとの期待をしていました。
今のところはまだ発見できていませんが・・・


つづく・・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

テレポーションの旅(2)

JAL旬感旅行
日本上空滞在旅行
プロペラ機で日本列島を大縦断 3日間 (2)
4月23日~25日

詳しくはここから(6月までの限定ツアーです)
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/151/



・1レグ目(羽田~釧路)

気持ちはとってもブルー! 空の色はブルーでなくホワイト!
同じブルーでも心と空では真逆だ。

「こんな時くらいはせめて天気だけでも味方してくれよ」
心でつぶやく。

いつものようにサクララウンジに行くが金曜日は滅多に来たことがなかった。
だってビジネス利用は全くない、週末旅行利用だからです。

「なーるほど、平日の朝はこんなに混雑しているのか!」と感じた。

本来ならばここでビールでもやって、16レグのスタートを祝いたい所なのだが、気分が乗らずにコーヒーだけ飲んで
作戦会議。
と言っても、良案は浮かばず、札幌へ着いてからカバン屋を探そうと言うことにする。

P1030014.jpg

カバンの事を考えていても今はどうすることもできない。
とにかく出発だ!!

P1030018.jpg
外は結構雨が降っている。

「あ~~あ、2週間前も天気が悪くて景色見られなかったな~」
よくよく運が悪いのだろうか?

「普段の行いは良いはずなんだけどな~」
自分で自分を慰め励ます「たびの介」です。

P1030019.jpg
北へ向かう空はあたり一面雲の山


選択した席は後方の
P1030016.jpg
CAさんとのお見合い席でした。

思った通り空席が目立った。特に後方の席は!
なので、CAさんと色々とお話をすることができたのです。

「JALもこれから路線縮小と人員削減で本格的に大変になりますね」

「えー、でも収益を出さなければならないので仕方ないです」
「それと稲盛会長が来てくれたので、信じて頑張るだけです」


「我々も微力ながら応援していますので頑張ってください。今日から3日間で16レグ乗りますから~」って伝えたところ

「なんですか?それって。私達よりも乗りますよそのスケジュール」
ってビックリしていました。

JAL社員から見ても、やはりまともなツアー企画ではないようです。(笑)

そんなやり取りをしました。
収益化に関しては、現場も相当な覚悟をもっているようですね。

P1030025.jpg
釧路へ向かっているのに「たびの介」は長袖Tシャツ1枚です。

この時妻が笑わせてくれました。

「あ~~、雨があがって来たねー。日が差して来たよ」

「お前な~、何回飛行機乗ってるんだよ。今は雲の上にいるだけだろー」

ナイスボケ!!をかましてくれました。

少しだけ、楽しくなった瞬間でした。


旅はスタートしたばかり、これからこれから!!


つづく・・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

テレポーションの旅(1)

JAL旬感旅行
日本上空滞在旅行
プロペラ機で日本列島を大縦断 3日間 (1)
4月23日~25日

詳しくはここから
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/151/


今回の旅は結構ハードスケジュールだ。
何せ、北海道から与那国までをプロペラ機で縦断しようなんていう、普通の感覚では考えられないようなツアーなのである。
しかも、3日間で16回も飛行機に乗る、いわゆる完全マニア向け旅行企画なのだ。
つまりは我々「たびの介」夫婦もマニア的な思考を持った旅人となってしまったようだ。

実はこの旬感旅行シリーズも今回で4度目の参加となった。
その中でも極めつけの旅になるであろう「日本縦断!!」

我々はこの旅行を
「テレポーションの旅」と勝手に命名した。

だって「どこにいるの?」って言われても「今北海道だけど、1時間後には長野、その1時間後には、大阪・・・」って伝えても???? 説明がつかないじゃありませんか。

JALツアーズからの案内
P1030010.jpg

前置きが長くなってしまいましたが、それでは始まり始まり~~!!



・1レグ目(羽田ー釧路)

朝6:30羽田空港駐車場に響く怒鳴り声

「バカヤロー、どうすんだよーー!!」

「なによー、私だけが悪いの?」

「自分だって注意不足でしょー!」

「怒鳴んないでよ~!旅行やめる?」


今回の旅はこんな夫婦喧嘩からスタートする羽目になったのでした。

寝不足からか、カーとなってしまった「たびの介」でしたが、
一言に対して三言返ってきたのでした。

妻の勢いに押され、やや劣勢でタジタジ(汗)の「たびの介」は
「と、と、とにかく受付カウンターへ行こう。せっかくの旅行なんだし仲良く行こうよ!」って早速、関係修復を図ったのです。

喧嘩の原因は・・・
キャリーバッグのカギを忘れて来たことでした。

鍵を閉めないで忘れたのならば問題ないのですが、鍵をかけておいてその鍵がない?
よりによって、今回は布製のバッグでなく、ハードケースで来たのでした。
中の荷物が取り出せなかったらどうしようか?

P1030012.jpg
せっかく朝早く羽田へやってきたのに・・・

いつものJGCカウンターへ向かう「たびの介」夫婦
P1030011.jpg
さすがにこの時間は空いていました。

そこでいきなり
「あの~、鍵を忘れたか、無くしてしまったのですが、こちらでは開けられないでしょうか?」

何とかすがるような思いで切り出す「たびの介」でした。
いきなり朝の一発目から難問を突きつけられる職員さん!!!
カウンターのお姉さんは困ったような様子でしたが、何とかならないものかとあちこちに電話で確認をしてくれました。

が、JALではお客様のバッグを開けることは出来ないので、そのような対応は出来ませんとの事!
当たり前である。

そして「ちょっと待っててください!」って言って、物凄いダッシュでどこかへ消えていった彼女。
後ろから見ていると見事な走りっぷりである。もしや短距離の選手だったのかも?

しばらくして、息を切らしながら戻ってきた彼女は空港内にある鍵の専門店に行ってくれたのでしたが、どうやらこの時間にはまだやっていないらしく、あきらめるしかないようでした。

「最悪の場合はバッグをぶち壊すしかないな」
すると妻が
「私が乗れば壊れるでしょ~」

「ん~~~~、確かに破壊荷重を超えるかもしれないな?」

冗談を言うものの、冗談ではない状況に職員の彼女も自分達でも笑えないのであった。

とにかく旅はスタートするしかない。

「まずは釧路へ向かおうぜ」
幸いにもその後札幌で2時間ほど余裕があるので、そこで何とか考えるしかない。

そんなこんなで、夜までに解決しなければならない不安を抱えながらの
「トホホ・・・・」スタートとなった今回でした。

P1030013.jpg
保安検査場も空いていました。

それでは行ってきます。






にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

エキサイティングな週末

この週末もチョッと過激なスケジュール旅行をこなしてきました。

さっきまで最西端の地にいたのですよ。
何とか家まで無事に帰ってくることができましたが、今夜は限界!

トラブルもありましたが、出会いもありとまたまた楽しい週末になりました。

しかし、旅行記更新はやる気力がありません。(お歳ですから~)

明日以降にボチボチとアップしていきます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

子供の頃欲しかった物

突然ですが、皆さんは自分が幼かった頃のことを思い出したりしますかね?



そして、小さな純粋な心を持っていた頃、どうしても欲しかった物ってあるでしょうか?

私「たびの介」も忘れていましたが、最近思い出したことがありました。
年老いた母親がTVを見ていて、ふと言った言葉で蘇ってきたのです。

その時TVに流れていたのは・・・・・


鉄腕アトムでした。



「な~んだ、アトムかよ」と思われたでしょう!
普通は鉄腕アトムの人形やプラモデルを欲しがったと考えるでしょうが、
「たびの介」の場合はそんなものではなかったのでした。


私が欲しくて欲しくて、おもちゃ売り場の前で大泣きをしながら
動かなくなってしまった事が何度も何度もあったそうです。
(3~4歳の頃らしいです)


それは鉄腕アトムの










「火の出る長靴」だったのです。





さ~、おもちゃ売り場の前で
「火の出る長靴買ってーーー!!火の出るナガグツーー!」



「火の出る長靴でお空飛ぶのーーー」


って大騒ぎする息子を母は

「今度買ってあげるからね」っていつもごまかしたそうです。

「そっかー、そんな子供の頃の空を飛ぶって憧れが無意識のうちに飛行機の旅をさせているのかな?」って最近思った次第です。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

我が家にオール電化がやってきた

本日の話題はブログテーマとは違いますが!


最近やたらにTVCMでも見ることが多くなったオール電化についてです。

実は今年の1月末。

導入するかどうするか悩んでいた「オール電化」へ踏み出しました。
とりあえずはキッチンのガステーブルをIHクッキングヒーターにし、ガス給湯器をエコキュートに入れ替えることにしました。

約8年ほど使ったガステーブル
eco002.jpg
壊れて使えなくなった訳ではないので、取り替えるには勇気がいりますね。


でも、やはり新しいものになると
eco004.jpg
IHクッキングヒーターです。
ここだけしか交換してないのですが、キッチン全体がきれいになったように感じます。


外は
eco003.jpg
ガス給湯器も問題なく使えていますが・・・

エコキュートにしました
eco011.jpg
自分の性格からすると、使えるものを捨ててしまうことはもってのほか!


しかし、使い始めてから1ヶ月後、電気の請求書が来たときに考え方が変わりました。

「あ~~、オール電化にしてよかったなー」ってね。

その位光熱費が下がったのでした。
正直、ビックリするほど安くなりました。

ケチな性格が災いし、導入が今になってしまったのですが、もっと早くオール電化にしておけば良かったと思った次第です。

「うっしゃー、これでまた旅行費用が捻出できるかな?」ってね。


ん~~~?でも導入にはそれ相応のコストが発生しているのですよね・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(11)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(11)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


短い時間であったがもうすでに8回も飛行機に乗っている!
こんなツアーをよく考え、発売したものである。

でもHAC(北海道エアーコミューター)の乗務員さんに聞くと
「時々この手のお客様はいらっしゃいますね~!」

「でも、ご夫婦の方は私も初めてお会いしました」ってね。

JALのマイルやステイタス維持、JGC取得等、知れば知るほどこの手のツアーは必要なんでしょうね!
そこの心理をよく分かっての企画なのでしょう。


さ~、楽しかった「回れまわれ北海道」の旅も最終段階に来ました。

このツアーは、函館から羽田への帰り便の時間選択ができます。
函館で少し観光なり、おいしいものでも食べたい時は最終便を選べばいいし、早めに帰りたければ我々が選んだ15:00発を選択すればよいのです。

我々は2週間前にも函館観光旅行をしたばかりだったので、今回は早めに帰る選択をしたのでした。

ちなみにこのツアーに参加されていた「キャメロンさん」も同じ便でのお帰りでした。「またどこかでお会いできれば良いですね」ってここでもテレパシーを送った「たびの介」でした。

帰りはこの飛行機!先ほどまでのSAABとはあまりにも大きさが違います。
h208.jpg
15:00を選択した場合、インターバルは40分しかありませんので、ゆっくり昼食をとる時間もないのが困ります。

とりあえずこれを「ビールのつまみに」
h211.jpg
買いました。 どこの空港でも山積みになっていました。
そして、必ず「一人5個まで」の表示があります。

でも5個買っている人は見かけませんでしたね?
(実はこれ、JALショップのBLUE SKYで購入すると10%OFFで買えますよ。ツアークーポンやJALカード保有者は)

人間、ないとなれば少し多めに買っておこうかと考え、それが更に品不足を生み出しますが、どこへ行っても沢山あるようだと、今余計に買う必要もないな!となって余剰感が発生します。
需給バランスって本当に難しいですね。

JALの飛行機もジャンボから中型機に移行して、なかなか良い席が取れないってなれば、早め早めの予約がふえるのでしょうかね?

JALには頑張ってもらいたいのですが、いつも間際に申し込みをしている我々にとっては、席が取れないなんて状況にもなってもらいたくないし・・・

チョッと複雑な思いです!

h212.jpg
どちらか選べます

それではそろそろ帰りますか。

h213.jpg
じゃーん、「たびの介」登場!


って言っても誰も気にもしていないし、期待もしていないでしょう。
実はこのハンチング、2週間前に¥600で購入したものです。
(¥600円の理由はここ)
自分で言うのもなんですが、なかなか良い感じです。


お昼は食べる時間がなかったので、帰り便でこれを食べ終了!
h217.jpg
だって、ずーと食べ過ぎでしたから、今からセーブしつつ元に戻します。


面白い雲を発見。
h218.jpg
何かが爆発した時の煙のような雲の形でした。

周りのみなさんも、雲を見ながら
h221.jpg
「わー」とか「へ~、面白い」とか「珍しいー!」とか言って見入っている様子でしたね。

写真ではこんなものですが、実物はもっと迫力がありましたよ。


以上で今回の旅は終了!!
結果は楽しい旅となりました。


次はどこへ行きましょうか?



興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(10)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(10)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


昨日は残念ながら雲が厚く景色は全くダメでした。
しかし、本日は雲はあるものの晴れ間も見えます。
空からの景色に期待したいところです。

釧路空港へ出発
h148.jpg
もう乗りなれました。(笑)

晴れています、晴れています。

h150.jpg
新千歳にほど近いゴルフ場はもう営業をしているようです。
場所によって営業できる期間が相当違ってくるのでしょうね。
コースとコースをさえぎる樹木が見えません、全てを見渡せてしまいそうなコースですね。

北海道でおいしもの食べてゴルフ!最高でしょうね。
ゴルフパックも大人気ですからね。

釧路までは45分のフライトです。
h154.jpg
雲はあるものの途中晴れ間もあって、そこそこ景色も楽しめます。


釧路に着く前一度海の上に出ます。
h162.jpg

そしてこの頃
「気流が悪い為思いっきり揺れまっせ!みんなよ~くつかまっててね」って!

そんなふざけた案内ではありませんでしたが、本当にかなり揺れました。
小型機なのでガクッと来る揺れが強く感じます。
チョっとスリリングな時間が過ごせました。

そんな中でも無事着陸(ホッ~)
h166.jpg

飛行機を降りてみるとさっきの揺れは当たり前だと感じるほど風が吹いています。

h172.jpg

せっかく来た釧路ですが、ここにいられる時間はわずか25分。
どうやって有意義に過ごすかが難問ですね。

でもウルトラマンは毎度登場してから3分しか地球にいられませんよね。そこから比べたら物凄く長い時間を過ごせるのですから十分です。

そんな訳で、ここでは25分間の間に動物園に行くことにしました。(マジっす)






まずは釧路と言えば

h173.jpg
タンチョウヅル


つづいて、「あ、逃げろ~!ヒグマだーーー!!」
h169.jpg
私はここで逃げずに死んだふりをしました。(バタッ)

妻は「バカじゃないの?」って冷めています。


更に
h174.jpg
シマフクロウにも脅されて

最後に
h176.jpg
ホルスタインに癒されました

おっと、ここで「たびの介」のカラータイマーがピコピコと点滅を始めました。そろそろ、戻らねばなりません。

「シュワッチュ~」

って叫びながら、搭乗ゲートへ向かいます。


さ~今回の旅行最後のSAAB340での飛行となりました。
h179.jpg

着陸時は凄く揺れが大きかったので、又してもあの揺れなのでしょうか??
チョッと心配です。

h180.jpg
飛び立った時はやはり揺れましたが、来たときほどではなかったので良かったです。
こんな時は遊園地のジェットコースターにでも乗りこむような感覚ですね、ある程度覚悟するっていう意味では!

釧路ー函館の飛行時間は1時間15分で、今回の最長コースとなっています。

しばらくすると、北の大地をウルトラマンになった気分で見下ろすことができました。
h186.jpg


h191.jpg

h196.jpg
全体的には雲が多くやや残念な2日間でしたが、新緑の頃は北の大地も違った顔を見せてくれそうですね。

h207.jpg
小型機の旅も面白いですよ。今年はもう慣れっ子(おじさん?)になりました。


ここでも降機の際
h0003.jpg
いただきものをしてしまいました。

乗客数は少なかったですが、HACも何とか頑張ってもらいたいですね。



つづく・・・・


興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(9)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(9)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


2日目のスタートです。
ホテルをチェックアウト後、JRにて新千歳空港へ向かいます。
妻は昨夜のお酒が抜けないようで、スッキリとしていないようでした。

h141.jpg
快速電車で約30分位(ホテルと駅が一体となっているので便利でした)

ホーム
h142.jpg

10:10に乗り込みました。
h143.jpg

新千歳では1時間チョッと時間があります。
JGC専用カウンターで荷物を預けました。この時職員のお姉さんとちょこっと会話!
「旅たびマイル」の件を伝え、暇なときにでも見てね!って。

空港内を少しブラブラして、その後サクララウンジへ
h145.jpg
実は我々、新千歳のサクララウンジは初めてでした。

大きなTVが印象的です。
h144.jpg
ここではコーヒーを飲みながら新聞を読んで、本日の修行に備えます。

さすがに函館とは違って、人の出入りが多いですね。
当然と言えば、当然ですが・・・


そー言えばここは国際線も多く乗り入れていますよね。
h146.jpg
オープンしたばかりの国際線ターミナルにも見学に行ってみたかったのですが、そこまでの時間はもうありませんでした。
次に新千歳に訪れる機会があれば見に行こうと思います。


そして本日の予定は
新千歳ー釧路ー函館ー羽田
たったの???3レグしか乗りません。

昨日の6レグに比べたら楽勝ムードが漂っています。
勝つ、負けるの話ではないのですが勝ち誇ったような気分の朝です。

最近、このパターンの乗り方に慣れてしまいました。(笑)
変な夫婦です。


乗り込むのは昨日と同じSAAB340です。
h147.jpg

搭乗手続きをして、登場口に向かおうと思ったらここでサプライズが!
「たびの介」様ですね?

「は~、何か?」

小心者の「たびの介」は人から声をかけられるとビクッとします。

「私は何も悪いことはしていません!人違いでは?・・・」
指名手配はされていませんが・・・ 気が小さいので(笑)

「これ、カウンター職員から預かっています」って渡されたのが
h0005.jpg
先ほど荷物を預ける時に少しお話をしたことでお手紙をいただきました。

わずか30~40分しか経っていません。
この素早さにはチョッとビックリです。
みなさん忙しい仕事の中、こんな私達の為に「即、行動」をしていただいたことに感謝します。

こんな素早い行動意識を持った社員の方がいるJALですから、必ずや再生してくれると感じました。
ありがとうございます。

さ~て、今日も出発から気分よくスタートだ!!!
天気も良いし、なんだか良いことがありそうな予感。

釧路に向け飛び立ちます。


つづく・・・・・


興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(8)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(8)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


さてっと、スパで入浴後さっぱりとした「たびの介」は部屋へ戻ったのですが、なんと妻は爆睡しています。

とってもロマンチストな「たびの介」としては、この部屋から見える夜景でも見ながらもう少し飲んで「夫婦愛」でも語ろうと考えていましたがーーーーーー、いくら起こしても反応がない!(息はしていました)

結婚前の若い時であれば、こんな時がチャンスなのかもしれませんがーーーー、も~かれこれ20年近くも夫婦をやっていますので、当然ですがいまさら妻を酔わせてモノにしようなんて考えはあるはずもなく・・・・・

オオカミに変身する気力もありませんでした。

仕方ないので自分も寝ることに・・・

h123.jpg
部屋からの夜景(妻は爆睡中)


そして
h134.jpg
朝が来ました


人間は贅沢な生き物ですね。

昨夜、あれだけ美味しいものを食べて、飲んで、大満足したばかりなのに、朝になるとまたしても食べたくなってしまうのですから。しかも、毎度同じものではどんなに美味しくても飽きてしまうって、贅沢の極みですよね。

だって、我が家の愛犬はもう10年も同じものを食べさせ続けていますが、毎度毎度それはうれしそうに食べ続けていますから!


朝食もパックでついていました(ちなみに朝食バイキング料金は¥2,100です)
会場は35階の非常に眺めの良い、開放的なレストランです。
h126.jpg
こんな景色を見ながらの朝食ですから、つい食べ過ぎてしまいます。

h127.jpg
毎度のパターンです。
お味の方は・・・・当然ですが美味しかった料理が沢山ありました。◎

こんな感じの会場です
h130.jpg


「あ~~、又しても朝から満腹だ。これだから旅に来ると太るのですよ」


部屋に戻って
そー言えば昨日は部屋のTV見なかったな~!
朝のニュースでも見なければと、スイッチを入れると
h133.jpg

「たびの介」様って名前入りで歓迎のあいさつが!!
チョッとした配慮ですが、なかなかできないサービスですね。

お腹も大満足の朝食を食べ、いざ出陣~~~!!
(若干、昨日のお酒が残っている感があります)

それでは2日目の旅スタートです。


つづく・・・・・




興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(7)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(7)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


北海道はうまいものが多い。
これは世間一般的に知られた常識であろう。

しかし、真に「うまいもの」って?

お金がいくらかかっても構わないならば、それはそれで違った世界もあるはずだ!
でも、一般的には一度の食事に3~5万/人 かかるお店にはそうそう行けるものではない。

「たびの介」の感覚では、チョッと奮発しても一人1万円がせいぜいだ!!

で、今回のこの食事付きプランはいくらの差額かと言うと・・・・


お一人様「¥4,000」です。

JALツアーズさん、“ありがとう!”って感じでした。
正直、この金額であの料理はあり得ないですよ。絶対に!!
このツアーを選ぶのであれば、夕食付にしないともったいないです。


さて、お酒も沢山飲んで、かなり満足した「たびの介とその連れ」です。

あ~、せっかくだからススキノを少しブラブラと探索しようかとも考えましたが、ホテルの部屋も眺めが良いのでもったいないです。しかも、今回のプランにはホテル内のスパ利用券もついていました。
最終は23:00入室の23:30までの営業時間です。

すでに22:00をまわっているし、「やっぱりホテルへかえろ~~」って事にしました。

部屋に戻って
「おい、スパ行こうぜ! 天然温泉だし、何せ22階からの景色を眺めながらの入浴ができるぞ」

「わたし、行かない」

「ハ~~~~、どうしてよ、もったいないじゃないか」


「だって、酔っぱらちゃったんだもん、今行ったら、風呂場で死んじゃうかも?」っと。

そー言えば結構飲んだな。妻のテンションも、いつも以上にアップしていたし、
自分も寝不足とすきっ腹に入れた酒が効いてきたのは感じていた。

もし何かあっても、助けには行ける所ではないしな・・・

そんな訳で、ひとりスパへ!

すでに23時近く、さすがに入浴者も少ない。他に2~3人しかいなかった。
ぬるめのジャグジーと通常温度の大浴槽、サウナ等がある。
「あ~~~、気持ちいいーーー!最高だー!」

ぬるめのジャグジーに入っていると、いつまでも浸かっていられる感じだった。
しかし、ここで寝不足感と酔いが急激に襲いかかってきたのである。
そして浴場内にはもう誰もいない「たびの介」の貸し切りだった。

「お~っと、誰もいない風呂場でこのまま寝てしまってジャグジーに浮いてたなんてシャレにならないぜ!」

そう考え湯船から出て、浴槽の淵でタオルを枕にして仰向けで横になった。
「誰もいないしな!」 (そう、生まれたままの姿で)
そのまま、ウトウトと・・・・


しばし、時が流れたようだった。


「やばい、寝てしまった?」

まわりを見渡すと、かたずけ作業を始めているし~~~!
しかも、その方は女性! 更にはなんだか若い感じじゃないですか?

浴槽の淵に「だらしなく横たわる一体と一匹?」

「おっと、もしかしたら見られたか?」
まーそれも仕方ない、大したものでもないし・・・

でも、まだまだ、羞恥心を持っている「たびの介」です。

あちらも、真っパで寝ている人を起こせなかったかも・・・

その後急いでお風呂からあがった「たびの介」でした。


そんな訳で、さっぱりして、部屋へ戻りました。


まだまだ旅は続きます・・・・・


興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(6)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(6)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


今回の旅行で楽しみにしていた空からの景色は残念ながら見れなかった。
そこで、目的を夜の食事に切り替え、全神経を夜に集中させていった。

ほど良い空腹感が更に胃腸の神経を高ぶらせていた。

(早くうまい物入れてくれ~~!ってね)(笑)

チョッと早いけどススキノをブラブラと探索してみよう!
って事で地下鉄でススキノへ行きました。

さすがに大都市札幌の繁華街、東京にいるのとなんら変わらないように感じます。
妻は初めての札幌です。あまりにも都会であることにビックリしていました。

さてっ、歩きだそうとしたら雨が降っています。
「やばい、これじゃ~濡れちゃうな!」
今回はよくよく天気に恵まれないようです。

時計を見ると18:00をチョッと回った所。
「仕方ない、予約時間より早いけど行こうか」
「うん、早く飲みたいよ~」

JALご用達の「おしどり」さんへTELを入れ、OKもらい早速お店へ。
h093.jpg
入り口はこんな感じ、なかなか雰囲気良さそうですね~!
楽しみ、楽しみです。

今回の旅は全てこの食事にかかっています。

入店すると、威勢の良いマスターと美人な奥さんがお出迎え。

「ファーストドリンクはサービスです」とのありがたいお言葉!
h097.jpg
で早速これをいただきました。まずは乾杯!!

この頃「たびの介とその連れ」の胃袋は早く入れてくれーって吠えていました。

そしてスタートは
h098.jpg
1品1品説明したいのですが、メチャメチャ長文になってしまいそうです。
興味がある方は札幌に行って体験してください。(その価値はあります)

出された料理をマスターが説明しながら次の出し物を作っています。
すると、見たことのない大きなホタテを開いている所でした。

「ブログに載せたいので顔写真撮ってもいいですか?」

「え~~、どうぞどうぞ!こんな顔で良ければ。犯罪歴もないので堂々と出せますよ」っと!

ハイこれがマスターとバカでかいホタテ
h099.jpg
「あっ、ごめんなさい!本物はもう少しだけですがいい男です」

「写真写りが良くないのか、腕が悪かったのか?ごめんなさい」

ここで、ビールは飲み干し(たびの介はお腹が減っていたのでもう1杯ビールでした)
h100.jpg
お酒を注文、北海道のお酒です。
「やばい、飲みすぎてしまいそうなくらいうまい」

つづいて
h101.jpg
ホタテとゴジラエビの刺身。ひもがシコシコ、シャキシャキとうまい!
水揚げから数時間だそうです。1日経ってしまうと納得できる商品ではなくなってしまうとの事でした。

更にマスターのトークは続きます
h102.jpg
数多くのしめサバを食べた「たびの介」ですが、これは衝撃的なサバでした。

実はここ、提供する定番メニューは無く、お客様の食べ方、好み、お酒の進み具合を見ながら次に出す料理を変化させていくと言うスタイルらしいです。

プロならでは仕事ですね!

h104.jpg
これわかりますかね? ホヤです。
なんと精製した海水に浮かべての提供です。
「ホヤがうまいのは初めて知った」

この頃店内はご来店したお客様で満席!!
「おしどり」で食事を考える場合は予約をした方が良いようです。

h106.jpg
タコを軽く炙ったもの

天ぷらちゃん
h108.jpg
しかし、ここでも心憎い手が加えられています。
魚の骨を砕いて衣にし、ツケタレはエビ味噌酢、エビの殻を炒ってから小さく砕いて入れています。絶品でした!

極めつけは
h111.jpg
アワビを丸ごと使ったにぎり!(見えませんが下にシャリがあります)
これを一口で食べるのが「おしどり」風だそうです。
裏表に切り込みが入って、硬くて食べられないってことは絶対にないですね。

アワビが口の中でほど良いかみごたえで、食べた感が得られます。

幸せを感じる一品でっせ!

もっと
h112.jpg
うに醤油で食べるボタンエビ(贅沢だー!)

そろそろ
h114.jpg
お吸い物が出て

もっとあるよ
h116.jpg

h119.jpg
サービスでいただきました

メニューを見ながら追加の料理を
h120.jpg
ハタハタがこんなに美味しいとは・・・

手書きメニューです
h121.jpg

この頃、お酒のビンも空っぽで追加のコップ酒を飲んでいます。
かれこれ4時間近くもいました。

最後は
h122.jpg
イチゴのシャーベット

いかがでしたか?
これがツアーに組み込まれている料理(お店)とは思えないほどの満足度をいただきました。

量的にはやや軽め、我々はビールとお酒を飲みながらだったので丁度良い感じでした。

ご主人によるとライバル会社のA●●さんもツアーに組み込みたいとの申し込みを受けているそうですが、さばききれないので断っているそうです。
このお店に不況は関係なさそうです。

今夜は気分よく飲みすぎました、途中酔いがまわってきた頃

「どこで知り合ったの~?」

「奥さん~~!、どこが良かったのー?」

「なんで結婚しちゃったのよー?」

等々の失礼な質問を浴びせましたが、二人ともニコニコしながら真面目に答えてくれました。
大変失礼をいたしました。

夜はまだまだつづきます・・・


興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(5)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(5)
2010年4月10~11日

詳しくはここから

旭川からの帰り便、上空は曇っていて、全部同じ写真なので省略します。

さて、朝羽田を出発してからかなり飛行機に乗りましたが、いよいよ本日最終の飛行になりました。
函館を起点にして飛んでいますので、函館空港の到着通路も見慣れた光景になってしまいました。(笑)

h072.jpg
本日の最終レグは丘珠空港行きです


初めのCAさんに聞きましたが、HACの就航路線でこの函館ー丘珠線から見える景色が一番良いとの事でした。
ん~~~、せっかくですからその絶景を見てみたいのですが、期待とは裏腹に結局雲さんがどこかへ飛んで行ってくれることはなかったのです。

さ~、それでは出発しますか。

搭乗口で「ピ」っとタッチ&ゴーをし、飛行機に向かおうとした時です。

職員のお姉さんが
「たびの介様、先ほど教えていただいたブログ拝見しました。他の職員も感激しました。これお礼に!」
っていただきものをしてしまいました。
h0004.jpg
飛行機の携帯ストラップです。


こちらこそ、ビックリ!で感激です。まさかそんなに即反応してくれるなんて思ってもいませんでしたので。
「ありがとう」って函館を飛び立ちました。


飛び立ったら即こんな感じで何も見えません。今日は寝不足で「たびの介」の念力が通じませんでした。
h077.jpg

でも、ほんの少しだけ
h078.jpg
見れました。

空港にはライバルの
h083.jpg
ANAさんがいます。

どうやらANAはJALよりも先にここ丘珠空港に見切りをつけてしまったようですね。
今後は丘珠空港の存続が危ぶまれてしまいそうですね。

ここで降機する時又してもCAさんが
h0002.jpg
手書きカードをくれました。皆さんも頑張ってね!

ここも初訪問です
h085.jpg

しかし、ここもゆっくりとする時間はありません。
飛行機の到着に合わせてバスの出発時刻が決まっています。
これに乗り遅れると大変です。
h086.jpg
30分くらいでJR札幌駅到着です。お値段は¥400/人 なり~!!

そして、駅とつながっている建物が今夜宿泊するJRタワーホテル日航札幌です。

入ってみると
h138.jpg
とっても雰囲気のいいフロントです。高級感がありますね~!

チェックインをすると
「たびの介様、本日はご予約いただいたプランよりもアップグレードのお部屋をご用意いたしました」

との事です。さて、どうして?と思いましたが、そのご厚情をありがたく頂きました。
ホテル側の配慮なのか?JALツアーズのお客様だからなのかは不明です。

生憎の曇り空でややトーンダウンしていた気持ちが一気にアップしてきました。

案内されたのは最上階に近い33階のお部屋です。
h087.jpg

デスク周りは
h088.jpg

テレビです
h089.jpg

トイレ、バスは
h090.jpg


そして、ここから眺める景色は
h091.jpg
良い眺めですよ!!

基本プランに比べ¥3,000アップしますが、選んで正解だったようです。


少しゆっくりしようかとも考えましたが、寝不足の為うっかり寝てしまってはまずいと思って、即まちへ出ることにしました。

今回のプランは夕食付を選択。JALのHPを見てなかなか良さそうな感じだったからです。
昼食が早かった為、まだ17:30ですがお腹が減ってきました。
夕食の予約は19:00~です。

さてさて、それまでどうしましょうか?


まだまだ旅はつづきます・・・


興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(4)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(4)
2010年4月10~11日

詳しくはここから

奥尻島からの帰り飛行機を降りようとしたら、CAさんから
「私は本日ここまでです。これ良かったらどうぞ!!」
って最高の笑顔と共にハガキをいただきました。
h0001.jpg
お話ししながら楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます。


そして次なるは旭川です。ここでもインターバルは30分!

乗務員さんは変更ですが、飛行機はさっきのSAABを乗り継いでいきます。
h048.jpg
若干ですが雲が薄くなってきたような感じがします。
景色が見れればうれしいのですが。


念力が通じたのでしょうか?少しですが雲の切れ間がありました。
h055.jpg
CAさんに聞いたところ
「札幌市の上空ですから豊平川ですよ」とのことでした。
本日初の上空からの景色鑑賞です。

その後旭川に近づいていくと
h056.jpg
雪景色に変化していきます。まだまだ寒そうです!

同じ北海道でも北と南ではかなり違うのがよく分かります。
「ん~~、北海道の北は寒さが半端ないなーきっと!」と強く感じましたね。

ここも初の訪問です
h058.jpg
かなり風が強くなってきました。

でも覚悟していたよりも全然寒くありません。
今日は関東地方とあまり差がないようです。

h060.jpg
空港の外に大きな温度計がありました。

これじゃー寒い訳ないですね。
雪の塊がドンドン溶けて水に変身していました。

旭川に来た証拠写真は
h061.jpg
しかし、誰の象か分かりません?
時間がないので、詳しく見てきませんでした。

h063.jpg
本日これからの出発予定ですが、そこそこありますね。

今まであまり意識したことのない空港なので知らなかったのですが
h065.jpg
ここって国際空港なのですね。

中国や韓国からのチャーター便が就航するみたいです。

今度来る時は
h064.jpg
こんな花が咲き乱れる時期に来てみたいですね。きっと美しいのでしょうな~!

お腹の調子は完全に戻ったので、ソフトクリームもいただきました。


更にはここで同じ旅行を一人で楽しんでいる「キャメロンさん」に近づいて、話しかけてみました。
(「キャメロン」さんはチョッとビックリしたような、恥ずかしいような反応です)

が、あまりよい反応ではない感じだったので「きっと一人旅が好きなのだろうな」と解釈して、しつこくは会話をしませんでした。本当は色々と聞いてみたいことが沢山あったのですがね。

でも「この旅行に夫婦で参加ですかい?(de SKY)」
ってビックリされていたのが印象的でした。
常識的には一人旅用なのでしょうか???このツアー!

h066.jpg
さて、又しても出発だ!!

h068.jpg
さすがに寝不足からやや疲れが感じられます。

だって「たびの介」夫婦は若くありませんから!!

雪のかぶった山を見ながら、短い旭川ともサヨナラです。
h069.jpg
「また来るよ~~~、旭川」って心で叫び飛び立ちました。


まだまだ旅はつづきます・・・・

興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道の旅(3)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(3)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


いよいよ初上陸の奥尻島へ向け出発です。

でも、奥尻島ってわざわざ行かないですよね、きっと!
2月に日本1周した時も、自分の選択肢では絶対に行かないだろう徳之島や喜界島もこの[旬感旅行]に組み込まれていたからこそ、訪れた場所です。もしかしたら2度目の訪問は無いかもと思いつつ・・・

実は新たなJAL関連の発表ではこの奥尻島と札幌丘珠空港、西では広島西空港等からの完全撤退が計画されています。経営再建中のJALですから仕方のないことかもしれませんが、奥尻空港はどうなってしまうのだろうと考えてしまいました。

h024.jpg
だって奥尻島へは1日1便、HACのこの飛行機しか就航していないのですから。

h027.jpg
SAABの正面から


もし、興味がある人は早い者勝ちでっせ!!
このツアー募集もいつが最終になるのやら・・・って感じですね。
行きたくても行けない(飛行機では)奥尻島になりそうです。

本来上空の景色を見るのが楽しみだったのですが
h032.jpg
飛び立つと同時にこの景色です。何も見えません(ガクッ)


あ、そうそう、乗っていたのは全部で7名。みんな後方の席でしたので、
出発前にCAさんへ「前に座ってもいい?」って尋ねたところ。

「機体が小さい為、バランスの問題で出発時はみなさんなるべく後方へお願いしています。ベルトサインが消えたら移動してもらって結構ですよ」
との回答でした。

「な~るほど、飛行機とは言え頭が重いと上昇しにくいのか」ジェットとは違う新たな発見でした。

その後CAさんとこのツアーの件や旅行感について楽しくお話をすることができました。


楽しい時間は早いもので、あっという間の奥尻島へ到着です。
h035.jpg


結構きれいな空港施設ですね。喜界島空港とは比べ物になりません。
h036.jpg
でも利用者は喜界島の方が多いような気がしますね。


2階へ上がる階段から下を見ると
h037.jpg
木の床に島を模ったタイルが埋め込まれています。

「へ~随分と工夫されているな~と感心しました」
そんな空港も使われなくなってしまうのでしょうかね~!

帰り便は来た時よりも多少乗客は増えましたが、それでも50%はいませんね。

そして、ここで気がついたことがあったのです。

今回、このツアーに参加しているのは我々夫婦だけだと思い込んでいましたが、いやいやそんなことはありませんでした。やはり隠れた人気ツアーなのですね。

もちろんそのお方は一人旅。

お・恐るべし、JALツアーズ! 一人旅好きな男心をつかんでいますよ。
(ちなみにこの手のツアーで女性の一人旅は見たことがありません)

そのお方、キャメル色のジャンバーと靴を履いていたのでここで命名!
「キャメロンさん」と勝手に名付け、この後はそう呼ばせてもらっていました。(もちろん夫婦の会話内ですよ)


ここでのインターバルも25分間しかありません。
h038.jpg

とんぼ帰りで函館に向かいます。
雨は上がってきましたが、雲はとれそうにありません。
それと風が結構強いです。飛び立つ前の滑走で横にグラグラっとぶれました。

小さいので飛行機に乗っているって感が強く感じられますよ。

h043.jpg
外はご覧の通り、残念な景色です。


仕方がないので
h045.jpg
「たびの介」登場。

って訳ではなく、このシート。ラベンダー色のレザーシートです。
高級感と北海道の花をイメージしているようですね。



まだまだ旅はつづきます・・・・


興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(2)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(2)
2010年4月10~11日

詳しくはここから

週末で、しかも真冬とは違って寒さも緩んできた北海道方面だ、さすがに混雑していた。
h005.jpg
いつも函館のみに行く時は次の便で行くことにしている「たびの介」夫婦なのです。

だって眠いから・・・

そ~言えば今朝も3時間くらいしか寝ていない。やや寝不足の感がある出発だ!

関東地方はこの週末でサクラも終わりだろう。今日はポカポカ陽気だが北海道は果たしてどうかな~~?
こんな時一番困るのが着ていくものをどうするかだ!

真冬ならばさほど変わらずに行けるのだが、関東は暖かでも北海道はまだ雪が降る時もあるしな~。

そー言えば、二週間前の函館旅行がまさにそうだった。
甘く見ていたらとっても寒かったのである。


関東は天気も良いが、北は曇りから雨の予報。
旅の気分も天気に左右されることが多いですからね。
h007.jpg

今年すでに三度目の訪問となった函館に到着。
すると、心配したとおりだ!!
すでに小雨模様で、気分もややダウン。

何せ、今回のHAC乗りまくりツアーはジェット機と違って、低い高度を飛ぶプロペラ機なのである。
したがって、景色を見たいが為の旅行でもあるし!

「今日は駄目だな・・・ 違う目的を見出さなければ・・・」

h009.jpg
(到着後の函館・・・残念ながら雨が降っています)


実はここでのインターバルが2時間あります。あとは全てが30分前後しかないので、お昼もゆっくりと出来ません。
天気が悪いので、外へ行く気にもなれず・・・
どうしようかな?と考えていたら、急にググーーーっとお腹が痛く!

「あれ、なんだろう。もしや朝の牛乳とビールの飲み合わせが悪かったのか?」
しばらくの間トイレとお友達になってしまいました。
到着後、短時間の間に3回もトイレにお世話になりました。(グルグルピ~)
まさかこんな所で苦しむ羽目になろうとは考えてもいませんでした・・・

その後仕方ないので空港内をぶらぶらして
h012.jpg


カード会社のラウンジへ。
ガラ~ンとしています、誰かいるか? 
ゆっくりとテレビを見て過ごしました。
h013.jpg
誰もいないと思っていたラウンジでしたが、奥の方に一人いらっしゃいました。

実はこの方とこの後、何度も行きあうことになろうとはこの時点では予想もしていませんでした。

次の出発は11:25奥尻島行きです。
少し早いけど今食事を取っておかねば夕方まで食べられない。
空港内のレストランを見ましたが、結局1階にあるここへ
h015.jpg
まだ10:40誰もいません。

さっき全てを出し切ったので、いくらかお腹が空いてきました。

注文したのは
h019.jpg
お腹が痛かったあとでカレーもチョッとビミョーな感じはしましたが、黒豚かつカレーと書いてあったので・・・

ま、普通の空港レストランですね。

満腹になった所で搭乗手続きを済ませ、乗り場へ!!
h020.jpg

おーーー、これが次に乗るHACのSAAB340か~!

でも搭乗時間が近づいてきても人がいません・・・?
h022.jpg
我々以外、向こうの端っこに2人いるだけです。

案内の職員のお姉さんに聞くと
「えー、今回の便は少ないんですよ。残念ながら一桁しかいません」
とのお返事が。

「な~んだ、それじゃーたびの介おじさんがチャーターしたようなもんだね~」
と言ったら笑われました。

実はこの時、我がブログ「旅たびマイル」の件を彼女達に伝えました。
後ほどサプライズが待ち受けていることになろうとは考えていませんでしたが・・・

それでは奥尻に向かいます。


つづく・・・・

興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

回れまわれ北海道(1)

JAL旬感旅行 
日本上空滞在旅行 HACで飛ぶ北海道・おおぞら紀行(1)
2010年4月10~11日

詳しくはここから


今年になってから国内旅行を中心に回っている。本来成田のラウンジを使えることが最大の目的で取得したJGCであったが、そうそう海外旅行に行けるものではない。

しかも、国内も行ってみると結構面白いし、週末の1泊2日でも楽しむことができるのを発見した!

そして今年の旅行方針を変更!!

FLY ONポイント狙いではなく、飛行回数狙いでのサファイアステイタス維持をすることに。

そこで狙いを定めたのがこの[旬感旅行]シリーズだ。

我々にしてみれば[瞬間旅行]のこの旅も結構面白い。

今年3度目となる旬感旅行!
今回は厳しい寒さも峠を越したと思われる北の大地を回るツアー。
内容は2日間で9レグ飛行すると言ったマニアックな旅である。

一般的には「こんな旅行誰が申し込むんだろう?」と思われる人が多いとは感じるが、実は結構人気のツアーらしい。
マニアックな輩がそこそこ存在するものである。(我々もその仲間ですが)

h014.jpg
こんな案内からスタートです。

朝5時に自宅を出発!
ぶっ飛ばして走ったのですが、途中ひっかかったのがここでした。
h225.jpg
だって、JALでもらったマックのタダ券が沢山あるんですもの。

h001.jpg
さすがに朝の5時台にはビックマックは食べる気になれませんね。
フィレオフィッシュのみ代金を払って購入です。

7時前に羽田到着!
h002.jpg
この時間はあまり来たことがありませんが、結構混んでいますね。

JGC専用カウンターで
「朝早くから大変だね、御苦労さま。ところで何時に出社なの?」
と尋ねると

「早番の時は5時半スタートなので、5時に来ます。起きるのは3時なんです!」
との事。

みんな頑張ってくれていますね。
一見華やかそうに見える航空会社や旅行会社ですが、お客様に気持ち良く楽しんでいただくには現場のみなさんの下支えがあればこその「楽しい旅行」なのですね。

多分、この旅行企画もそれ相応の苦労の末に出来あがったツアー企画なんだろうな?と思った次第です。
お客様にご満足をいただくって商売の鉄則ですが簡単ではないですからね。

旅行を楽しみながら逆に勉強をさせてもらっています。

カウンターではやはりこの手の旅程は珍しいのか?荷物を預けるのに若干手間取っています。
本日最終の丘珠までは預けたままにはできないので、一度旭川で受け取ることにしました。

定番のラウンジ
h004.jpg
しかし、「たびの介」何を思ったか普段飲んだりしない牛乳を・・・

しかも、その後朝から冷えた生ビ~ルも飲んじゃいました。
これが後に苦しむことになろうとは考えもせず・・・



つづく・・・・

興味がある人は9月までですよ~!
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/152/
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

JALグローバルクラブ(JGC)への道(12)

連載物です、途中からの方はカテゴリーの「JGCへの道」をご覧ください。


2009年9~10月
「見えてきたJGC入り」


8月の修行予定が大幅に狂ってしまい、又しても9月に国内を飛ぶ必要に迫られていた。
オーストラリアのゴールドコーストから帰って来てから、再び国内の申し込みをする「たびの介」夫婦であった。

大阪伊丹へ日帰りの旅
初めこそ街中までバスで行って、色々見てみようと時間をかけたが、この頃になるとそんな時間ももったいないと思っていたのである。

したがって、伊丹に着いたらその帰り便か、次の便でとんぼ帰りをしていたのであった。
この頃はブログをやるつもりもなかった為、展望デッキに行って写真を撮ろうなんて考えも全くなかった。
したがって昨年の伊丹空港訪問は頭の中の記憶しか表現できるものがないのである。
0407261.jpg
(これは今年2010年伊丹で撮った写真です)

結局9月は大阪伊丹日帰りの旅を2度行った。
正直この飛行に関しては辛いだけだった。楽しさは何もない。でも乗るしかない。


そしてこの頃すでにFLY ONポイントは30,000を超えていた。
JMBの規定でクリスタルなるものはクリアーしていたのであった。もちろん夫婦共々だ。
しかし、元々そこは通過点、特にうれしくもなく、達成感も感じられない。
0407002.jpg
(クリスタルカードは封を開けることなくサファイアカードが届きました)


目指すはJGC入りなのだ!!

この頃、我々は少しでも多くのポイントを稼ぐためにクラスJに乗っていたのである。
JGC入りを果たすと国際線でCAさんから名前を呼ばれて挨拶をされるって事は聞いたことがあった。
しかし、国内線でしかもまだまだ平JMBメンバーの我々が名前を呼ばれるなんて考えてもいなかった頃。

ジュースを持ってきたCAさんが
「たびの介の奥様、いつもご利用ありがとうございます」
って言われたと妻が言います。

「そんな訳ないだろー、名前が呼ばれるなんて10年早いぜ! お前の勘違いだ。エンジン音でうるさいからな」って言っていたのです。

ところが自分にも同じように「たびの介様、いつもご利用ありがとうございます」と来た時はビックリしました。


そして恥ずかしかったのが、とんぼ帰りの伊丹~羽田線。
CAさんも全く同じ、席もクラスJで往復同じ席。

帰り便で
「たびの介様、先ほどからご修行の旅お疲れ様です」
って言われた時は、ギョ!!!チョ~ビックリ!!


あれ?チョッとニュアンスが違っていました。
「たびの介様、先ほどもご搭乗いただきましてありがとうございます」でした。
でもこれって修行見え見えでチョッと恥ずかしかったです。


遥かかなたに感じたJGC入りもやっと半分を通過し、確実にゴールに近づいてきたことを実感することが出来た9月となりました。


つづく・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

007(3)

007(3)


さて「アストンマーティン」のボンネットを開けると。


エンジンルームです
007010.jpg
ぎっしりとエンジンが詰まっていて、手の入る余地がありませんね。

私はマニアではないので、エンジンの仕様がどうのこうのと言ったことはよく分かりません。
とにかく6000ccの物凄いパワーを持っているエンジンだってことだそうです。

「これって燃費はどれくらいなの?」庶民の素朴な質問をしました。

「え、燃費?5km走るかな~? でもさ~、そんなの考えてたらこのクラスの車には乗れないよ!」との答えが・・・

ごもっともな回答でした!!

そして、なによりも音が違います。
逆に言えばうるさいですが、マニアにはこたえられない音のようです。


007006.jpg
良いスタイルですよね~!

007013.jpg
写真では見ずらいですが、スピードメーターは340kmありました。

カタログデーター上では320km出るとの事らしいですが、狭い日本ではこの性能を発揮できる所はありませんね。
飛行場の滑走路ででもブッ飛ばせれば気持ち良いのでしょうが・・・


さて、このアストンマーティンで走ってみましたが、加速感はさすがの物があります。
あっという間に軽く100kmを越してしまいます。
翼でも付いていればこのまま飛んでいってしまいそうな感じさえします。

飛行機に比べ非常に小さいので余計に加速感を感じますね。

走っている時は写真を撮る余裕はありませんでした。
ま~その位舞い上がっていたということです。


ギアは・・・・
普通の車の定位置をいくら探してもありません。

なんとハンドルに小さくついています。レースカーと同じで、ハンドルから手を離さずともギアチェンジが出来るようになっています。スゲー!


ま~今後も乗る機会はあるようなので、またレポートできたらしていきます。





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

007(2)

007(2)

ここへ来てくれる人は旅行やマイルに興味がある人達なので、車には興味がないかもしれませんね。


私「たびの介」も車にはあまりこだわりはありません。
愛車はトヨタのアルファード。

ハイエースから現在まで15年以上もワンボックスカーを乗り継いでいます。
したがって、スピードは乗用車のように出ませんが、高い運転ポジションが好きなのですよ。
(あ、そうだ。飛行機の操縦席のポジションって視界が広いんでしょうね、きっと!)


しかし、今回のお話はそれとは全く逆!
地面に近い所に腰を下ろす感じで乗りこみます。

007012.jpg
さすがに本物のスポーツカーです。

座ってみると自分が 007 にでもなったような気分になれます。

そして隣にはブロンドのボンドガールが・・・・(夢)

でも、アルファードの高いポジションや内部空間の広さに慣れてしまっている自分としては、正直「狭~~い」って感想が強かったです。

最近の若い人達は車に対して興味がない人達が増えているようですね。
フェラーリの写真を見せても「なに?この車、知らねーな」って若者が多いってTVでやっていました。

我々の世代だと子供の頃はスーパーカーブームがあって、いつかは乗りたいなって想いを描いていたものですが・・・
007008.jpg
お尻もかっこいいでしょう!

若い頃は「たびの介」のお尻もツンって上がっていてカッコいい~、って言われたものですが、今では面影もありません(ガクッ)

憧れて夢見た若かりし頃もありましたが、現実は厳しく自分の所有物になることはなかったスーパーカーでした。しかし、タダで乗れることになろうとは考えてもいませんでした。


思い続けるって大切なことですね。

あれ?この場合は他人の力で実現しただけですので、チョッと違うか!!

ま~~~、それでもOKですよ。


つづく・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

007(1)

「007」(1)

今回はブログテーマとは違ってしまいますが・・・


さて、皆さんは「007」と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

・ジェームス・ボンド
・ボンドガール
・ショーンコネリー(古)
・ワルサーPPK
・スパイ映画
・アクション
等々


でも切っても切れないのがやはりボンドカーだと思うのです。(脇役ですが)

そのボンドカーに使われているのがこれ! マジかっこいいです。
007004.jpg
英国が誇るスーパーカー(イタリアンなスーパーカーよりも品があります)

「アストンマーティン」です。

しかも、シリーズの中でも最速、最高峰(現在は新型のDB-Sになっています)のフラッグシップモデル
「V12ヴァンキッシュ」がこれです。

「ハイ、これが我が愛車なんですよ」


って言えれば凄いのですが、ウッソーそんなことはありません(残念)。

私「たびの介」はそんなに大物ではないですから。


実は、とっても近しい人がセカンドカーとして所有している車です。(年下ですが)

「今度アストンマーティン買い換えたからさ、乗りに来ない」
って誘いで、行ってきました。(この前もアストンマーティンでした)


世の中の景気動向には関係ない人達が実は沢山いるものです。
ここへ来て(その人の別荘)色々な話を聞いていると、数十億円~数百億円の資産を持っている人達の話がポンポンと出てきます。
しかも、みんな若い!

ここでは実名を書いたりは出来ませんが、若手有名実業家の裏話を聞かせてもらったりして「へ~~~、そうなんだ」って事を知っています。
しかし、私「たびの介」には何の関係もございません。聞いて楽しんでいるだけです。

そんなお方ですからさぞかしうまいものを食べていると思うでしょうが、この車に乗って二人でマックに行きました!!(笑) だって、JALに乗った時にもらえたビックマックのタダ券がありましたので!! ま~そんなもんです。


せっかくですから乗せてもらったレポートをしようかと!


飛行機もいいですが、これに乗れる人は日本人でもごくわずかしかいませんね。
だって国内に50台あるかないかの車だそうなので。

飛行機で言えばファーストクラスに乗れるのと同じ感覚でしょうか?
ん~~~、なんかこじつけのようですが、要は滅多に乗れないって事で!!

「たびの介」としてはボンドカーよりもファーストクラスでの旅のがいいね~~!


つづく・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

JALグローバルクラブ(JGC)への道(11)

連載物です、途中からの方はカテゴリーの「JGCへの道」をご覧ください。



「目標設定」
2009年7~9月


修行目標を決めた。

7月~8月の間にクラスJにて大阪5往復だった。
本来一度でなるべく遠くに飛んだ方が効率は良い。しかし、我々が住んでいるのは田舎なのだ!したがって羽田へ行くだけでも時間がかなりかかるし、帰りも同様。

その日のうちに行って帰って、夜の遅い時間までにならない方法を考えたら大阪が都合に合っていたのである。

大阪飛行マイル280 クラスJにて10%アップで
= 308マイル X 国内線は二倍 = 616

そこに、FLY ONポイントダブルボーナスキャンペーンで
400+400 = 800加算

つまりは一度のフライトで片道1,416ポイント
往復で2,832ポイントである。

これを5回実行 = 14,160ポイントになる。
ここまでが8月までにやるべき国内修行とした。


がーーーーー、現実は。
なんだかんだと所要が発生して、思ったように時間がつくれず、7月2回、8月は1回しか飛べなかったのである。

やばい、大誤算だ!


それとは別に、海外旅行で

7月末にシンガポール(ツアーエコノミークラス)
8月末にオーストラリア(ビジネスクラス)

さすがにオーストラリアはポイントを稼いだ。

片道6,938ポイント  往復で14,000ポイント近くを加算できた。
今回はこれがあったが為に成功したようなものであると痛感。

更に修行は続くが、あと一回海外で大きくポイントを稼ぐ旅が必要だったのである。


選んだのは、昨年も行ったインドネシアはバリ島だった。

080.jpg
(ホテルニッコーバリ)

行きたかったところだし、遠いってのも丁度都合が良かった。
10月になったら、もう国内もそれ程時間を使って飛べない可能性もある。

その為、今回もビジネスクラスにする必要があった。
そうすることで、約11,000ポイント近くが加算できるからだった。

もうここまで来たら破れかぶれである

お金よりも時間不足が心配だった。

そして10月にバリ島への予約をし、9月は又しても国内線を飛んだのだった。


この頃になると、正直「修行」の旅は精神的な疲れが感じられ、バカらしくも思えてきた。


それでもここまできた以上、あと少しだからと自分自身に言い聞かせながら頑張るしかなかったのあった。
我々夫婦の合言葉「目指せJGC」を互いに言いつつ・・・




つづく・・・・





にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

JALグローバルクラブ(JGC)への道(10)

連載物です、途中からの方はカテゴリーの「JGCへの道」をご覧ください。



「おバカな夫婦」
2009年7月中旬


初めて国内線のチケットを羽田のJALカウンターで買った。


「あの~、大阪往復2名、クラスJでお願いします」

「はい、少々お待ちください!出発は本日のこれから一番早い便でよろしいですか?

「ええ、それでお願いします」

「そうしますと、お帰りは明日の何時にいたしましょう?」

「あ、そうじゃなく、明日でなく今日帰ってきます」


「えーー?本日ですか??」


「時間の方はいかがいたしましょう?」


「修行の為に行って帰ってくるだけなので・・・・」って事は言えませんでした。

このやり取りがあって、この後二度とカウンターにおいてチケットを買うことはありませんでした。
でも、この時はまだJALのHPからチケットを買う方法がよく分からなかったのです。

その後、大阪への「修行」は7月~8月と頑張りました。


「あのさ~、どうせ旅行は一緒に行くし、どうせならば私もJGC取っちゃおうかな~」
「えーーーーー、マジですかい?」

「だって飛行機乗るの楽しいじゃない!普段見れない景色も見れるしね」
「そうだな~、やっぱり飛行機乗る時ってワクワクするしな」


初回の大阪から帰ってきたときの会話です。


そして、この後夫婦そろっての「修行」の旅が再びスタートするのでした。

カレンダー
(飛行機の窓から見える景色は格別ですよね)

世の中「修行僧」なる方たちは多くいらっしゃるように見受けしますが、夫婦そろっての「修行僧」ってのはもしかしたら我々だけかも? って思いつつ飛んでいました。(笑)

こんなことを書いていると

「お前ら本当に仕事やってるのか?」


と思われる方もいるとは思うのですが、仕事は仕事で頑張っていました。

しかし、週末が結構修行に持っていかれてしまったので、別の趣味を犠牲に(時間的な観点から)するしかなかったのが本音です。

更には、実はこの頃わたくし「たびの介」は仕事上の必要性から、ある国家試験に挑戦していました。
社会人ですので、勉強は夜と週末しかできません。

したがって、修行の旅では羽田のカードラウンジ(この頃サクララウンジは使えなかった)や、飛行機の中でせっせと勉強をしていたのでした。


その甲斐あってか?? 10月には見事、国家資格もゲット出来たのです。

この歳になって初めて手にした国家資格となりました。
(何かあったら履歴書に書ける資格が増えました)


「人間やる気になれば何でもできるものだ!やはり集中力だな・・・」

「JGCも集中力だ!」


まだまだ、修行は続きます。




つづく・・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

JALグローバルクラブ(JGC)への道(9)

連載物です、途中からの方はカテゴリーの「JGCへの道」をご覧ください。
(久しぶりの登場です)



「国内修行の旅スタート」

2009年7月中旬


待ち遠しくなったオーストラリア旅行とは全く違って、出来れば行きたくない国内「修行」もスタートしました。


「俺さ、バカみたいだけど今年はなんとか頑張ってみてJGC入りをするからさ。ま~一人で修行の旅に出ることが多くなると思うけど、目をつぶってくれよな」


「・・・・・・・」返事がない。


「俺がJGCメンバー入りをすれば、来年は海外旅行に行くたびに同伴者1名はサクララウンジ使えるぞ」


「仕方ないね、頑張ってよ!」

こんなやり取りをしていたのです。


この会話をする頃には、妻へ対しても執拗に毎晩「修行」と言う言葉を投げかけていました。
そして、この頃には「修行」に対するアレルギー的な反応も姿を消し、すんなりとスムーズな話し合いができるまでに妻の頭も侵され始めていたのです。

妻の体内にも「修行」という名のウイルスが活発に活動を始めていたようでした。

ここで「人を洗脳」することとはどんなものなのかを悟りました。


世の中不況の真っ只中、本来こんなことをしている場合ではありません。更にはJALの業績も悪化の一途らしく、この先大丈夫なのかな?との思いはありましたが、いまさらやめられない状況でした。


しかし、まさかこの頃は本当にJALが倒産するとは思っていませんでした。


「で、修行ってどこ行くの?」


「そーだな、一回で多くを稼ぐためにはやっぱり沖縄だな。でも今JALのキャンペーンでコストパフォーマンス的に考えたら大阪もありだな」


「ふーーーーん、大阪か。私、大阪行ったことないから初回だけは付き合おうか?」
(ここではマジに大阪へ行ってみたかったらしいです)


「え~~~~マジで???? じゃー一緒に行くか~」
(実は一人での行動はあまり好きではない「たびの介」なのですよ)


そうして、国内一度目の大阪修行「夏の陣」がスタートしたのです。



1大阪
(大阪餃子スタジアム)
ちなみにここの餃子は4種類ほど食べましたが、あまりおいしく感じられなかったです!



そして我々夫婦は共稼ぎ。
(妻もかなり仕事はハードな時間をこなして頑張っています)

したがって、互いの物は互いの稼ぎの中から支払うって決めごとになっています。

つまりは旅行の旅費は常に折半!!

だからこそ何度も旅行へ行けるのです。
(旅先でのお楽しみ代金は私持ちですが。当たり前か?)

だから、修行の旅代金も折半にしました。

ここが妻にケチと言われる所以です。

でも一人におんぶにだっこではそうそう旅行は行けませんよね。


つづく・・・・



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

JALバーガー

マイルではありませんが、最近JALに乗るたびに沢山貯まってきたものがあります。


マック1

タッチ&ゴーサービスで搭乗するともらえるマックの品々!!
ほとんどがコーヒー券なのですが、時々ビックマックやホットドッグが当たります。
今年からこの搭乗方法を覚えました。(遅)


自称グルメな「たびの介」(そんな大げさなものではありません)としては、
この手のジャンクフード、いや失礼!! ファーストフードはほとんど食べません。

自ら買うことは1年に1~2度位です。

しかし、タダって恐ろしいですね。

だってケチな「たびの介」なのですから!!

思わずマックに駆け込んでしまいました。

マック2
本日の昼食は一人寂しく、愛車の中でビックマックとポテトで済ませた次第です。


ま~それでも1食分浮いたことはありがたいですよ、JAL様。
マイル以外にも楽しませてもらっていますよ。


あ、他にも沢山あるんですよ。マックの当たり券が!!
だって、2~3月に18レグ飛びましたから。しかも X 2人分あります。

使用期限が4月までなので、当分マックに通うことになりそうです。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

チョッと寒い所へ(6)

JMBスーパーバーゲンin 函館(6)
3月21~22日



五稜郭タワーをたっぷりと堪能して、再び函館駅方面へ向かいます。

市電の駅へ来たら丁度行ってしまったばかりです。
待ち時間が10分程度あります。でも外は結構寒い!
そこで仕方なく目の前にあるデパート、丸井今井さんへ入って暖をとることにしました。

ほんの5~6分温かい店内で電車を待つだけ!のはずだったのですが、人は見たものが欲しくなってしまうのですね。
なんだかんだと30分くらい買い物をしてしまったのです。

それでも妻は「丁度欲しかったんだ~、こんなバック!」って言っていました??

さて、もうお昼近くになってしまいました。
お昼はこれもJALツアーズでもらったクーポンがあります。
クーポン利用をすると朝市のお店で5色海鮮丼が食べられます。

タダです。ありがたや、ありがたや!


函館駅まで戻って、朝市のお店がある方面へ向かいます。
この辺は函館っぽい感じがよく出ていますね。
3136.jpg


一応朝のうちにお店には予約を入れておきました。
3074.jpg
よさこいさんです。

店前の水槽をのぞいてみると
3073.jpg
松嶋ナマ子さんに会うことができました。


早速5色海鮮丼をいただきますが、追加でボタンエビさんを注文しました。¥1,000です。
3132.jpg
写真では分かりませんが、さっきまで水槽で泳いでいたエビです。足やしっぽがピクピクと動いています。

なんと残酷なのでしょう!まだ生きているエビをいただきます。

「トリャーーー」と言いながら頭と胴体を引き裂きました。

その瞬間、動いていた足が「ガクッ」と力なく動かなくなったのです。



「殺っちまった」


生き物を殺すという罪悪感にさいなまれながらも「いただきま~~す」
コリコリ、シコシコと身がしまっていてうまいです。
エビさんごめんなさい!!


そのあとソフトクリームもサービスしていただきました。

荷物を取りに函館駅へ行きましが、2階で何やらイベントがあるようです。

3081.jpg
刑務所に入っておられる方達が、社会復帰をする為に受ける訓練で作られたものを販売しています。

家具等も沢山ありました。
3080.jpg
確かに安いのですが、持って帰れません。送料を考えると・・・
見るだけにしておきました。


荷物を引き取り再び市電で空港方面へ向かいますが、最終が湯の川温泉止まりです。
3140.jpg

ここからバスに乗り継ぐかタクシーで空港へ向かうことになります。
出発まですでに50分を切っていたので、電車を降りてからすぐにタクシーに乗りました。ここまで来ていれば料金も¥1,000チョッとで済みますので。

3084.jpg

さすがに連休の帰り便ですね。空港内も混雑していました。
3088.jpg

さ~て、東京へ出発です
3087.jpg


飛行機はほぼ満席か?
相変わらず曇り空でしたが、その雲の形を見ていても楽しいものです。
3093.jpg
 
羽田について最後に
3145.jpg
残っていたクーポン券を利用して買いました。本当は¥2,600の帽子が¥600で買えました。

今度はこれをかぶって旅行に行きます。

JALツアーズを利用すると安く行けますね。色々特典もあるし、次もツアー利用を考えています。
今年はマイルあまり意識していませんので。


チョッと寒い所へのたびは終了です。


次はどこへ行きましょうか?

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

チョッと寒い所へ(5)

JMBスーパーバーゲンin 函館(5)
3月21~22日


2日目のスタートです。特に何も決めていませんが、とりあえず函館観光をスタートしましょう。
今回は市電に乗って移動をすることにしました。

1乗車最低でも¥200です。何度も乗り降りするのであれば絶対にこれがお得ですね。

3061.jpg
1日乗車券、¥600です。ホテルの受付で購入ができますよ。

先週の旅で福岡のバス1日乗車券を買って失敗した経験がありますが、電車なので多分大丈夫!元以上には乗るつもりでいます。

それでは出発!
3062.jpg
1泊お世話になったホテルフロントです。


まずは荷物を預けようとJR函館駅へ向かいます。
ここでコインロッカーに邪魔な荷物さんを預け、今度は五稜郭を目指します。

1月に来た時は時間がなく行けなかった所です。
市電の駅から歩いて7~8分位ですが、結構そこを目指す人が多いので迷うことなく行けますね。

途中変な石を発見。
3071.jpg

しかし、他の人達は誰もその石を気にすることなく通り過ぎていきます。

これは何かと言うと
3070.jpg
だそうです。

もったいないので、石に願い事を込めてきた「たびの介」です。
きっと私にだけ幸運が訪れるのでしょうね?

そして五稜郭タワーに到着。ここも初めて訪れました。
3128.jpg
チケット売り場です。ちなみにJALツアーズでいただいた冊子の中にここの割引クーポンがあります。
10%引き~!せっかくですから割引金額で購入させていただきました。

エレベーターで一気に展望台へ昇ります。

そしてエレベーターのドアが開くと
3112.jpg
目の前に絶景が現れました。

確かに素晴らしい眺めです。「五稜郭」その昔これを築き上げたのですからすごいことですね。
お濠の水が凍っています。さすがに北国って感じが伝わってきますね。

その真ん中には
3119.jpg
箱館奉行所復元工事(函はこれではなく箱が使われていました)

この夏の7月29日から公開予定だそうです。これを見にまた来たいと思ってしまいました。


福岡のタワーも高さがあって眺めは良かったのですが、景観としては函館のが素晴らしいように思いました。
高い所から見下ろす景色は人を魅了して止みませんね。どこへ行っても人で一杯ですから!!


つづく・・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

チョッと寒い所へ(4)

JMBスーパーバーゲンin 函館(4)
3月21~22日


函館の夜は寒かった!

お腹の中は一杯になってかなり温まりました。しかし、反面外からの寒さは身にしみます。
ホテルへ戻ったのですが、このまま部屋にいても面白くない。

フロントで聞くと近くに市営の温泉施設があるとの事でした。
せっかく函館まで来たのですから、部屋の小さなユニットバスに入るより、大きなお風呂で温泉につかりたいじゃないですか。

市電に乗って2駅の谷地頭駅でおります。湯の川温泉とは逆の最終駅です。
「谷地頭温泉」と言うらしいです。
3050.jpg
まだ8時半頃でしたが乗客は2~3名しかいませんでした。
この頃は雪であたり一面真っ白!! 人通りも少ないので、足跡もないような所です。

電車の運転手さんに場所を確認して雪の中を歩きます。
3051.jpg
真っ暗な住宅街の先に見えるのがそうでしょうか?
かなり大きな建物のようです。ここまで大きく立派な建物とは思いませんでした。

3057.jpg
じゃーん、やっと着きました。

さ~早く温泉であったまろう。ちなみに料金は¥420です。
タオルを始め石鹸類は何もありません。銭湯に行く感覚と同じですね。

さて、ここからは写真がありません。さすがに浴場の中には持っていけませんから。
文章から想像をしてください。

男女ともにかなりの大きさです。
下手な温泉旅館よりもずーと大きいですね。洗い場の蛇口は80~100人分くらいありました。
大きな浴槽も温度別に3か所あって、更には露天風呂もあります。

その露天風呂では雪が降って、風がやたらに強いので頭はキンキンに冷えてきます。
しかし、胸から下は温かい。非常にバランスがよく、長く湯船に入っていられます。

お湯は鉄分が非常に多く、赤く濁っています。自分の足が見えませんから。
白いタオルが1度で茶色く汚れたようになってしまいました。

数人観光客もいたようですが、ほとんどのお客さんは地元の方達だったようでした。みなさんお風呂セットを網かごに入れて持ってきています。
「あ~~懐かしいな~、学生時代の銭湯に通っていた頃を思い出します」

地元の人達の社交場となっているようでした。特にご年配の方達は仲良く話をしながらゆっくりと入浴していました。
自宅の近くにこんな施設があったら本当にいいですよね。うらやましい~!!


ちなみにここの温泉は「ナトリウムー塩化物泉」と書いてありました。
残念ながら「アルカリ泉」ではないようです。

体もかなり温まった所で再度雪の中を帰路につきます。
3058.jpg

ま~こんな旅行もたまには良いかと。
帰りはのどが渇いたのでサントリー山崎10年の小ボトルを買って部屋で水割りを飲みました。
氷はフロントに依頼すると無料サービスでもってきてくれました。(ラッキー)

そして、朝。
朝食はホテルバイキングですが、会場に行くとなんと満席でウエイティング状態です。
連休だからでしょうか?宿泊も満室状態だったようですね。

食べたのはいつものパターン
3060.jpg

朝から炊き込みご飯があって、これがうまかったですよ。
お腹が一杯になった所で、2日目の観光スタートです。



つづく・・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

チョッと寒い所へ(3)

JMBスーパーバーゲンin 函館(3)
3月21~22日

1月に函館に来た時は、湯の川温泉泊だったので、夜の赤レンガ倉庫は見ていませんでした。そこで今回は夕方からぶらぶらとすることにしましたが、外は非常に寒いです。

しばらく歩いていると、もうそろそろ夕食の時間が近づいてきます。
「外は寒いし、少し早いけど一杯やるか~!」
「飲もう、飲もう」

入ったのはここ(JALツアーズでもらったガイドブックにも載っていた店舗です)
3040.jpg
場所柄観光客向けの店舗ですね。

本来は地元の人相手のもっと地元っほいお店が好きなのですが。


とりあえずはお決まりのこれ! 寒いけどビール!!
3035.jpg
「ヨッシャー!飲むぞ~」 
JALさんのクーポンにて小鉢をサービスでいただきました。

つづいて
3036.jpg
大きなつくねとお勧めと言われた鶏焼き(これは特に北海道らしさは感じられません)
つくねのタレがちょっと物足りないかな?と感じました。

3037.jpg
生ものを数点。
イカ刺しは確かに美味しかったですよ。


更に
3038.jpg
カニたっぷりクリームコロッケとこまいの焼き魚
ん~~~、カニは入っていますがたっぷりかどうか?人それぞれ期待度と味わいの感覚が違いますのでね。私的には今一かな~~と! 魚も「美味しいですよ~、お勧めです」って言われた割にはそうでもない感じですね。


3039.jpg
途中から冷酒に変えました。サラッとして飲みやすいお酒です。

ま~全体的には無難なお店!
特に感動的な感じはなく、ここで満腹にはせず次を探すことにしました。

外に出るとすっかり暗くなっています。
定番の写真を1枚。

3041.jpg
この時期はまだ寒いからか夜は人通りが少なかったですね。


とりあえずは市電で
3043.jpg
この頃急に大雪が降ってきました。強い風も手伝って寒いです。
住んでいる人達は感じるかどうか分かりませんが、ツーリストとしては「雪の中を走る市電って絵になるな~!」とつい考えてしまいます。

ところでこの市電、初乗り¥200ですが、始発から終点まで乗っても¥250。さすがに市民の足ですね。
バスよりもずーと安いです。

函館駅周辺を散策します。

すると少し面白そうなところを発見。入ってみましょう!
3048.jpg

中をぐるっと見て回ります。
どこも小さなお店の集合体でした。各店舗10人前後位の収容しかありませんね。
ラーメン、焼き肉、ホルモン、和食、何でもある感じでした。
ま~赤提灯街って感じですが、それでも新橋あたりのサラリーマン街とは違って観光客相手の場所なので、GW明けからは修学旅行生達でにぎわう所らしいです。

たびの介夫婦としてはこんな所を見て回るのが好きなんですよ。

その中でも入り口にあったラーメン屋さんへ戻って入ることにします
3044.jpg

もう春なのに雪がどんどん強くなってきます。

3047.jpg
いただいたのは味噌と塩ラーメンと餃子。

ここのスープはうまかった!!
塩味は透き通るようなスープ。この味わいは初めてでした。塩味スープのえぐみ(しぶみのような)は全くなく、どうしてこんなスープができるのか不思議になったほどです。
味噌もさっぱりした味わいで、普段あまり飲まないスープもつい飲んでしまいます。
「このスープは他では簡単に真似できないよ」ってご主人さんが自慢げに話を聞かせてくれました。

餃子は野菜系餃子でこれに関しては普通かな?実は餃子に関してはチョッとうるさい「たびの介」夫婦です。
なかなか美味しい餃子には出会えないものです。(肉系餃子が好きなんですよ)



旅に出るとついつい食べ過ぎてしまいます。ま~それが楽しみなのですがね。

かなりお腹も一杯になった所で、ホテルへ戻ります。
しかし、まだ8時。夜は長い!これから何をしましょうか?

新婚さんじゃ~ありませんので、狭い部屋に二人でいても・・・・


つづく・・・・







にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。
プロフィール

たびの介

Author:たびの介
2009年、突然マイルを意識した旅行に興味をもち、国内、海外と旅に出ています。そして約半年でJGC取得。

2010年は夫婦共々JGCプレミアに到達、
2011も同じく二人そろってJGCプレミアクリアー!
2012はついにダイアモンド会員達成しました。

2013・2014もダイアモンド会員達成!
2015も海外を中心に旅に励んでいます。


どうせ乗るならビジネスクラスで優雅な旅行を目指して、JALとデルタ(NW)のマイレージをせっせと貯め込んでいます。

本格的にマイルを貯めはじめて約5年!
・JAL220万マイル
・デルタ48万マイル
を取得中!(夫婦合算)

合計取得マイルは268万マイルを越しました。

現在は月1の海外個人旅行を頑張って実行中!

特典航空券
2010年(JALにて)
バリ島(ビジネス3人分)
ベトナム(ビジネス2人分)

2011年
台北(エコノミー2人分)
釜山(エコノミー2人分)
おともdeマイル使用

2012年
釜山(エコノミー)
バンコク(ビジネス2人分)
香港(ビジネス)
香港(エコノミー2人分)
おともdeマイル4回使用

2013年
アップグレード
おともdeマイル
シンガポール(ビジネス)
バンコク(ビジネス)
グアム

2014年
アップグレード
おともdeマイル
バンコク(ビジネス6人分)
香港・高雄(ビジネス)


全部で約146万マイル使用中。

そうそう、子供の頃の夢は世界中の未開の地に行く探検家でした。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
ランキング応援お願いします
FC2カウンター
個人旅行の味方
海外現地ツアーが沢山選べる
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】
お土産何でもそろう
荷物が増えるの嫌な人はここ
旅行用品勢揃い
旅道具なら何でもそろう
初めての海外ナビ スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
やっぱりJALでしょ!
JALマイラースタートは!
JAL日本航空 JMB入会                                   割引運賃知っていますか? JAL日本航空 先得
旅の想いでには
せっかくの旅の記録整理していますか?
トリップアドバイザー
「トリップアドバイザー、お勧めブログとして認定されました~」 ベトナムのホテルの口コミ
ベトナムのホテルの口コミ
検索フォーム
カテゴリ
旅行に行くならここから
安く旅したい           JTBのお得な旅の紹介です             国内旅行はここでしょ!                                                          
個人旅行ならここ
もっと自由に旅したい人なら
Tポイント貯めるなら
Tポイントファンはここ
カードの申し込みはここ
JALマイルを貯めるならばまずはこの1枚を
                                                              最高峰の信頼はこの1枚から アメリカン・エキスプレス
ANAファンなら
チョッと贅沢な旅がしたい
Amazon
お勧めです
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。