スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

初冬のバンクーバー・・・20

(2011.11.10~14)復路



空港到着

DSC_0500_20111203160609.jpg

ここは電車が安いし、非常に便利な所です。

DSC_0501.jpg

カナダって何でもビッグサイズ!!

DSC_0502_20111203160608.jpg

ラウンジは各航空会社共同のようです。

食事はあまり期待できませんよ。

DSC_0503_20111203160608.jpg

東南アジアと違って空いています。

時間帯で航空会社の使えるエリアを分けているようです。


さてっと、ここから帰りは11時間の飛行予定。
逆風の中を突き進む為、往路と比べ長いですね~。


あ~、ビジネスクラスで良かった~。

DSC_0504_20111203160607.jpg

東南アジア等の近場では、復路ではアルコールは滅多に飲みません。

それは帰りの運転があるから。

しかし、11時間と聞いて、

「出発後2~3時間までならばOKだな」ってね。

DSC_0505_20111203160607.jpg

食事は朝から(バンクーバー時間)ワインとフレンチです。

DSC_0506_20111203162039.jpg

結構厚いお肉です。味も良かったっす。

DSC_0507_20111203162038.jpg

これがあるからCクラスの旅はやめられない。

DSC_0508_20111203162037.jpg

もう少し飲んじゃおうとチーズのセットをもらうものの
往路の時と比べると品数が少なくチョッとがっかり。
品切れなのか?手抜きなのかは不明。


その後は長ーい、長ーい時間でしたが、映画を3本見
て、少し寝て・・・

DSC_0509.jpg
朝食?って言うのか、到着前の食事。

DSC_0510_20111203162036.jpg

ツレが頼んだ洋食は・・・・


正直、美味しくない。がっかりだ!!


ま~こうしていつもながらの短時間旅行が終了した。


それと、チョッと残念だったこと。

帰りの日は、ツレの4●歳の誕生日だった。
つまりは誕生日ドンピシャのフライトだ。

これまで「たびの介」の誕生日の時のフライトはあったが、
ツレのバースデーフライトは初めてだった。


今まで「お誕生日おめでとうございます」って言われたのは
すべて自分だけ。


で、今回は少しそんな期待があったのだが・・・


残念ながらツレの誕生日は、声もかけてもらえなかった。

せっかくこの日に合わせて旅程を組んだのですがね~。


別に何が欲しいって訳ではないけどね~、滅多にバースデー
フライトって無いからな~。


ツレは「もうJALやめようかな」って。

サービス業が支持され続けるのって難しいものですな。

顧客の心は移りやすいからね。


ま、CAさん達の気づかいも人によって差があるってことです。


それでも、総合的には楽しかったバンクーバーでした。



飛行機旅が好きな方、応援のポチ願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。
スポンサーサイト

初冬のバンクーバー・・・19

(2011.11.10~14)帰路


その前に

DSC_0486_20111203153015.jpg

このテントの集団、なんだか分かりますか?

DSC_0478_20111203152920.jpg

夜はこんな感じ。

冬のバンクーバーですから、余程寒いと思いますが・・・


実はこの集団、米国のウォール街から始まった
格差是正運動の人達なのでした。特に若者が多いようです。


で、ここどこ?って言うと。

バンクバー美術館の敷地内なのでした。


その通りの反対側の正面には
DSC_0487_20111203153107.jpg

高級ホテルの玄関があります。
1Fのレストランでは朝から美味しそうな朝食を食べる
人達が窓から見えます。

テント側ではトイレも仮設トイレで、何日もシャワーも
浴びていないようです。


この光景こそがもの凄い格差!!

行きすぎた資本主義が悪いのか?

日本ではまだ起きていませんね。日本の格差はまだまだ
良い方なのかもしれません。


さて、帰りは当然ながら電車で空港へ向かいます。


DSC_0491_20111203153219.jpg

駅まで行って切符を買いますが。

DSC_0490.jpg

行きと帰りでは値段が違います。

平日は$3.5ですが、休日は全区間$2.5になるようです。

つまりは二人で$5。(タクシー等を使うより安くて時間も正確)


往路の一人分よりも安いですね~。(来る時は$8.75/一人)

DSC_0492_20111203154916.jpg

ここも改札はなし。この黄色いラインが改札代わり。

この先は有料エリアとなります。


DSC_0497_20111203155301.jpg

この電車で空港まで約20分


DSC_0498_20111203155301.jpg

車内は空いていました。


そして、空港へ着く2~3駅前であるものを発見!!

それは・・・

DSC_0499.jpg

カジノの看板でした。


バンクーバーにカジノがあったのは知らなかった。

何せ2週間前まではバンクーバーに来るつもりもなかったので!!

知っていれば雨の中を歩き回らずに、まっすぐにここへ来れば良かった。
ここはダウンタウンに泊まっても電車で来れるので便利です。

これで冬のバンクーバーへ来る楽しみが増えました。
また安い冬を狙ってバンクーバーに来ようと思います。



カジノ好きな方、応援のポチ願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

初冬のバンクーバー・・・18

(2011.11.10~14)その他(チョッと裏情報)


現地の観光ツアーに参加した翌日は何も予定を入れなかった。

とりあえず自分達であちこちへ散策してみようと!


しかし・・・・・


朝から生憎の雨もようだっだ。しかも真っ暗な空。

この時期のバンクーバーは、日本の梅雨よりも雨が
続くようだ。更には寒いので辛い季節なのだ。

当然ながら観光客は減る。

需要が少なくなる分、飛行機は安くなる。
全ての商品価格は、需要と供給のバランスから成り立っている。


雨だけど、部屋にいるだけではもったいない。
とりあえずは傘を差しながらだけど、外へ出ることに。

DSC_0432_20111203142701.jpg

街中に少し残った紅葉の様子。

DSC_0430_20111203142920.jpg

ポストも紅葉?

DSC_0431_20111203143014.jpg

ビルから飛び降り自殺か?

DSC_0420.jpg

派手な壁(落書きにしては上手すぎるけど?)

DSC_0439_20111203143511.jpg

電車も派手なのでした。

DSC_0440.jpg

なんとなく楽しくなってしまいそうなお店。

街をブラブラしているだけでも、光景の違いで楽しいものです。


そしてこのギャスタウンの入り口から3ブロック位の所に
チャイナタウンがあります。

DSC_0186_20111123123047.jpg

その間が何とも危険な臭いがする所なのでした。

本当に不思議なのですが、このギャスタウンは今や観光のメッカ。

ところがここから1本通りを離れると雰囲気がガラっと変わってしまう。


ガイドブック等には、
「ここはあまり治安が良くないので行かない方がいい」って
書いてありますが、その理由は書いてありません。


チャレンジャーの「たびの介」としては行ってみたくなって
チョコッと足を踏み入れてみました。



実はこの辺は・・・・

DSC_0184_20111203144751.jpg

浮浪者が多く集まる地域なのです。

仕事に就くことが出来ない為、何もすることがなく、
こうして路上に大勢の人がウロウロしていて、異様な
怪しい雰囲気の所でした。

写真もこれ1枚。

カメラを向ける事にたいして非常に抵抗感がありました。


逆にこんな所をカメラを持って歩いている珍しい観光客?って
思ったのでしょうか。

車の中から金持ちそうな中国人に、

「お前ら大丈夫か?」って顔して写真を撮られてしまいました。


ツレもいたので、早めにここは抜けましたが、やはり
行かない方が良いところのようです。

良くハリウッド映画に出てくる、ダウンタウンのヤバそうな地区って
感じそのままですから。

特に女性は近づかない方が賢明ですな。

ガイドブックには「浮浪者が集まる所」とは書けないのでしょうね。


ここバンクーバーでも、ポルシェやベンツと言った高級車は
結構走っています。

が・・・・中の人を見るとほとんどが欧米人ではありません。

誰かって言うと、中国人達なのですよ、これが!!

浮浪者は欧米系、お金持ちは中国系。

日本人は蚊帳の外?


世界経済の縮図を見たような感じがしました。


さてっと、次は
DSC_0380_20111203145643.jpg

海に浮かぶ人魚?を発見。


DSC_0488_20111203145839.jpg

ホテルから歩いて3分の所にHSBC銀行がありました。
アチコチ旅する我々にとっては、世界中どこへ行っても
見かけるこの銀行は強い味方です。


HSBCのプレミア口座を持っていれば、世界中どこの
支店でお金を引き出しても、手数料はかかりません。

日本の銀行では考えられないサービスです。
ま~、日本の銀行は海外では滅多に見かけることはありませんが。

ここでC$300引き出しました。

いや~HSBCに口座を開設しておいて本当に良かったと感じます。


空港で引き出したお金がC$400と合わせて、全部でC$700と
なりましたが、現地ツアー代金(C$290)を含めて、飲み食いした分も
これで全て間にあってしまいました。(ホテル台はカード決済)

特に買い物もしない我々ですからね。



バンクーバー裏情報、良かったらポチっと願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

初冬のバンクーバー・・・17

(2011.11.10~14)食事編3


夜の食事以外は割と質素だった。フードコートでC$10程度の
昼食を食べたり、朝はコーヒーだけ飲んで終了だったり。


でも、ここだけは外せないってのが

DSC_0399_20111203131329.jpg
夜のバーでした。

ここは宿泊したホテルの1Fにあるバーの外。


到着した時から「夜はここで酒飲もう!!」って決めていました。


上着を置きに1度部屋へ戻ってみました。

DSC_0404_20111203131944.jpg

すると枕元に何か?

DSC_0403_20111203131944.jpg

水とクッキーのサービスでした。(毎日二人分づつありました)

DSC_0408_20111203132708.jpg

席に着くととりあえずピーナッツとアーモンドを持ってきてくれます。

DSC_0407_20111203132709.jpg

頼んだのはスコッチ!!

DSC_0406_20111203132709.jpg

奥に見える棚には沢山のウイスキーやブランディーがズラ~っと!!

座った椅子もなかなか雰囲気のある椅子でした。

DSC_0405_20111203132710.jpg

こんな感じで2晩連続でこのバーで、ウイスキーやワインを
飲んだのでした。


DSC_0410_20111203132708.jpg

さりげない置き物もウエッジウッドでした。

DSC_0400_20111203132707.jpg

決して新しいゴージャスなホテルじゃないけど、大人の
雰囲気のある、味わい深いホテルって感じですな。

ここでのお会計は・・・

約C$120(2日分で)


ま~、飲みすぎなければそれ程高くはないでっせ!!



バーで大人の雰囲気を味わうのが好きな方、ポチっと願います。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。

初冬のバンクーバー・・・16

(2011.11.10~14)食事編2



3日目の晩(早くも最後の晩だ)

又してもダウンタウンをブラブラしていて見つけたお店。

DSC_0106_20111202111306.jpg
これは初日の昼間、日本食レストランを見つけたのでパチリ。

Shurakuだ。


どうもこってり系は食べたくなかったし、日本の居酒屋式に
好きな料理を数品とって、お酒と共に食べるって食事に
したかった。


ここも入店すると(19:30頃)ほとんど満席に近かった。

入店すると気がついたカナダ人の男性店員が「予約はあるのか?」
「食事かアルコールなのか」色々聞いて来た。


見ると入り口近くのテーブルが1つだけ空いている。

「そこでいいから食事がしたい」って告げると、

「じゃ~そちらへどうぞ!」って、即座ることが出来たのだ。

ここまでは店員と苦手な英語のやり取りだった。



で、我々が席に着くなり、そのカナダ人店員が発した言葉は・・・

「お客様ご来店です~!!」

って、思いっきりでかい声の日本語で!!!!
しかも発音が日本的だった。


「なんだよ、日本語喋れるじゃんか、俺は日本人だーー!」って言うと。

「オー日本人ですか、私は3年間、熊本の学校で英語の教師をしていました」って!

その時に日本語をマスターしたらしい。


我々は中国人に見えたのだろうか?

そんなお店で注文したのは

DSC_0463.jpg

焼酎の水割りにしてみました。

DSC_0464_20111202113629.jpg
アンキモ!

DSC_0465_20111202113628.jpg
牛のたたき(今や日本じゃ食べられる所が少なくなったので)

DSC_0466_20111202113628.jpg
マグロのユッケ

DSC_0467_20111202113627.jpg
サラダ

DSC_0468_20111202113627.jpg
お寿司の盛り合わせ

DSC_0469_20111202113626.jpg

お好みで数品追加も!!


かなり本格的な日本料理店だった。

聞くと日本人の経営で厨房スタッフは半分以上が日本人。

お酒の種類も日本酒や焼酎もかなり揃えてある。

DSC_0471.jpg
そんな訳で続きは日本酒に・・・

シャレた雰囲気での提供だ!!


しかし、お客様はほとんどが地元のカナダ人のようであった。

カナダの人達が日本酒を飲んで刺身を食べる。

ここでも日本食は大人気のようである。


ここShu Raku(酒楽)はグランビル通りにある。

お値段は・・・

寿司のセットがC$14.95
牛タタキが  C$12.00
アンキモが  C$ 7.00

ま~この夕食は全部でC$81.50
そこに消費税12%でC$ 9.78
合計        C$91.28だ!!


ま、おつりはチップとしてもC$100なり~。

前日に行ったシーフードレストランよりはずっといい。


ま、旅先でも、こんな食事が食べたくなるのは歳をとった
せいでしょうかね~。


やっぱり、日本料理が好きだ!って方、ポチっと願います。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 ランキング参加しています。1クリックお願いします。
プロフィール

たびの介

Author:たびの介
2009年、突然マイルを意識した旅行に興味をもち、国内、海外と旅に出ています。そして約半年でJGC取得。

2010年は夫婦共々JGCプレミアに到達、
2011も同じく二人そろってJGCプレミアクリアー!
2012はついにダイアモンド会員達成しました。

2013・2014もダイアモンド会員達成!
2015も海外を中心に旅に励んでいます。


どうせ乗るならビジネスクラスで優雅な旅行を目指して、JALとデルタ(NW)のマイレージをせっせと貯め込んでいます。

本格的にマイルを貯めはじめて約5年!
・JAL220万マイル
・デルタ48万マイル
を取得中!(夫婦合算)

合計取得マイルは268万マイルを越しました。

現在は月1の海外個人旅行を頑張って実行中!

特典航空券
2010年(JALにて)
バリ島(ビジネス3人分)
ベトナム(ビジネス2人分)

2011年
台北(エコノミー2人分)
釜山(エコノミー2人分)
おともdeマイル使用

2012年
釜山(エコノミー)
バンコク(ビジネス2人分)
香港(ビジネス)
香港(エコノミー2人分)
おともdeマイル4回使用

2013年
アップグレード
おともdeマイル
シンガポール(ビジネス)
バンコク(ビジネス)
グアム

2014年
アップグレード
おともdeマイル
バンコク(ビジネス6人分)
香港・高雄(ビジネス)


全部で約146万マイル使用中。

そうそう、子供の頃の夢は世界中の未開の地に行く探検家でした。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
ランキング応援お願いします
FC2カウンター
個人旅行の味方
海外現地ツアーが沢山選べる
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】
お土産何でもそろう
荷物が増えるの嫌な人はここ
旅行用品勢揃い
旅道具なら何でもそろう
初めての海外ナビ スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
やっぱりJALでしょ!
JALマイラースタートは!
JAL日本航空 JMB入会                                   割引運賃知っていますか? JAL日本航空 先得
旅の想いでには
せっかくの旅の記録整理していますか?
トリップアドバイザー
「トリップアドバイザー、お勧めブログとして認定されました~」 ベトナムのホテルの口コミ
ベトナムのホテルの口コミ
検索フォーム
カテゴリ
旅行に行くならここから
安く旅したい           JTBのお得な旅の紹介です             国内旅行はここでしょ!                                                          
個人旅行ならここ
もっと自由に旅したい人なら
Tポイント貯めるなら
Tポイントファンはここ
カードの申し込みはここ
JALマイルを貯めるならばまずはこの1枚を
                                                              最高峰の信頼はこの1枚から アメリカン・エキスプレス
ANAファンなら
チョッと贅沢な旅がしたい
Amazon
お勧めです
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。